JAL航空機

おはようございます、なべやすです。

日常の様々なシーンで貯めたり使用したりすることができるポイントサービス。 
今の時代、何のポイントも貯めていない人はいないのではないかと思えるほど、すっかり世に定着したのではないでしょうか。

ポイントの貯め方もショッピングだけでなく、宿泊など様々なシーンでポイントを貯める機会があります。航空会社のマイレージサービスもその一つで、マイルを貯めている人も多く人気の高いポイントの一つだと思います。




飛行機に乗って貯めるフライトマイルと買い物をして貯めるショッピングマイルです。

その一つショッピングでマイルを貯める人のことを陸マイラーと言います。私も日頃よりJALマイルを貯めておりますが、基本的には陸マイラーでして、たま~に航空券を購入してフライトマイルを頂いております。

JALマイルを貯め始めてかれこれ13年くらい経ちますが、ブログなどでよく見かける年間で何十万マイルも貯めている達人のようにではなく、日々コツコツと地道に貯めております。

陸マイラーとして先ず必要となってくるのが、航空会社が発行しているクレジットカード機能付きのマイレージカードです。私はJALカードを所有しております。

JALカード(普通カード)は基本200円の利用で1マイル(還元率0.5%)加算なのですが、私の場合はJALカードショッピングマイルプレミアムに入会しておりますので100円で1マイル(還元率1%)と2倍のマイルが貯まります。(特約店での利用だと獲得マイル数が更に2倍となり還元率1~2%になります。)ショッピングマイルプレミアムなしで陸マイラーがマイルを貯めるのは非常に大変なことです。

ただ、このショッピングマイルプレミアムは年間に別途3,240円(税込)ほど必要ですが、ショッピングでマイルを貯めることが主な陸マイラーである以上必須なので必要経費として考えております。

私は、JALカードをショッピング以外に光熱費や生命保険料などの定期的な支払いにも使っており、またレジャーなどの大型出費とありとあらゆるものに使って地道にマイルを貯める様にしております。


特典航空券への交換はやっぱりお得!

グアム2016

JALマイルの使い道として主に次のような特典があります。(JAL公式ホームページを一部引用)


≪特典航空券への交換≫

貯めたマイルの使い道として先ず一番に浮上してくるのが、国内線または国際線特典航空券への交換です。何を隠そう我が家のお目当てもこの特典航空券で、これをゲットするためにJALマイルをコツコツ貯めております。

苦労して貯めたマイルで国際線の特典航空券に交換をゲットし、我が家の定番旅行でもあるグアムに行けときは最高の気分です。又、マイルの使い道として交換率などで考えても、行き先の航空券の価格によっては特典航空券に交換することは最もお得感の高い使い道となります。

JALマイルを例として考えてみると、提携ポイント先などへ移行した場合に通常1マイルを1ポイントへ移行することができます。(キャンペーン等により移行レートが上がる場合もあります。)
移行したポイントは殆んどの場合、1ポイント=1円として使うことができます。つまり貯めたマイルを提携ポイント先などへ移行した場合、1マイルを1円の価値と考えることができます。

それに対してマイルを国際線の特典航空券に交換する場合、往復のグアム便を例とすると通常1名分で20,000マイル必要となります。ですが、往復のグアム便チケットはどの時期を選んでも、20,000円では購入することはできません。

上記の考えでいくと特典航空券(特に国際線)への交換はマイルの使い道として最もお得な使い方と考えることができます。

但し、特典航空券に関しては、必ずしも自分の行きたい場所に行きたい時期に行ける訳ではありません。貯めたマイルには有効期限(JALマイレージの場合3年)もありますので、行き先や時期などに固執してしまうと特典航空券をゲットする前に有効期限がやって来てしまうリスクもあるので注意が必要です。

苦労して貯めた大切なマイルを有効活用する為にも、ある程度は、「この場所なら特典航空券をゲットできる!」とか、「この時期なら特典航空券をゲットできる!」と言った考え方を持って使うことも必要です。


【関連記事】JAL国際線特典航空券のルール変更はJALマイラーにどのような影響を及ぼすのか?


マイルの有効期限切れ対策に交換率が良いeJALポイント

≪eJALポイント≫

残念ながら特典航空券をゲットできなかった場合の対策として私が使うのがeJALポイントです。

こちらは主にマイルの有効期限切れ対策として使うようにしております。

マイルも有効期限内に目標マイル数に達するとは限りません。また目的の旅行先の特典航空券をなかなかゲットできず、キャンセル待ちなどをしている間に有効期限が来てしまう場合もあります。

その様な際に、JALホームページ限定での利用にはなりますが、航空券・ツアー購入代金の一部または全額お支払いに利用できるeJALポイントは特典航空券以外の使い道として有効です。その魅力は使い道だけでなく、eJALポイントの交換率にもあります。


下記はeJALポイントの交換率です。

5,000マイル=5,000ポイント(5,000円相当)、10,000マイル=15,000ポイント(15,000円相当)から、5,000マイル単位で交換できます。
1ポイント=1円相当としてお使いいただけます。
(引用元:JAL公式ホームページ)


一度に5,000マイルを交換した場合は5,000ポイント(5,000円相当)の交換率ですが、10,000マイルを交換すると15,000ポイント(15,000円相当)交換率がグッ!と上がります。

更にeJALポイントの有効期限も交換した日から1年間有効となります。

マイルを航空券やツアー購入代金に充てること以外に使わない人は、1回で10,000マイル以上交換すればまずまずと言ったところではないでしょうか。

因みに今年30,000マイル(45,000円相当)ほどeJALポイントに交換して、夏休みのグアム旅行の航空券費用に充てました。


その他の特典

他にもJALマイルには以下の様な特典があります。


≪JAL国際線アップグレード特典≫

JAL国際線アップグレード特典とは?
ためたマイルはJAL国際線でご利用いただけます。
お持ちの航空券より一つ上のクラスにご搭乗いただけます。
(引用元:JAL公式ホームページ)


特典航空券以外の使い道としては、なかなか魅力的ではありますが、必要マイル数が特典航空券と同様のため、庶民的な考えを持った私としては、些かもったいないという考えが勝ってしまい使うことができません。

ちなみに日本→グアム間(片道)を例として、プレミアムエコノミークラスで9,000マイル、ビジネスクラスで12,000マイル必要となります。

せめてフライト時間が長時間であれば使い方とありかもしれませんが、2~3年間で家族分のマイルが貯まるか貯まらないかの私にとっては、奥の手の使い道といった感じです。


≪JALクーポン≫

JALクーポンとは?
JALクーポンは、JALグループ航空券・ツアー購入や機内販売・ホテルでのお支払いなどにご利用いただけるクーポン券です。
10,000マイル=JALクーポン2,000円券×6枚(12,000円相当)から、10,000マイル単位で交換できます。
(引用元:JAL公式ホームページ)


使い道としてはeJALポイントに似ており、航空券やツアー購入の支払い以外にも使えてJALクーポンの方がeJALポイントと比べて一見お得そうですが、その分としてなのか交換率が違います。

クーポンの使い道が多いこともあり、eJALポイントと比較して10,000マイル=JALクーポン2,000円券×6枚(12,000円相当)と交換率が劣ります。その差は3,000円相当ではありますが、ここは決して見逃せないポイントです。


≪電子マネー特典WAON≫

電子マネー特典「WAON」は、10,000マイルから「WAON」に交換できます。
以下JMB WAON会員、および日本地区会員限定の特典です。
通常10,000マイル=10,000WAON(10,000円相当)
(引用元:JAL公式ホームページ)


キャンペーン等により10,000マイル→11,000WAONで交換できたりするときもあります。

WAONはイオンやミニストップなどで使うことができる電子マネーなので、利用価値としては悪くない方です。交換率は通常10,000マイル=10,000WAON(10,000円相当)なので1マイル1円の価値という考え方になります。私的には苦労して貯めたマイルの使い方として少々もったいない気がします。



≪提携先のポイントや商品に交換≫

こちらもドコモのdポイントをはじめ、Amazonギフト券への交換など様々な提携先のポイントへの交換が可能となっております。こちらも電子マネー WAONと同様に交換率を見ると殆んどが1マイル=1円の価値となるので、苦労して貯めたマイルの使い方としては少々もったいない気がしてしまいます。


特典航空券をゲットできなかった場合のマイルの使い道を考えておこう!

JALマイルの使い道として色々と考えてみましたが、単純にマイルの価値を交換率だけで考えてみると特典航空券への交換がベストです。また特典航空券へのマイル使用は、交換率だけではなくその満足感も他の特典と比べて非常に高いものでしょう。

これらはおそらく他の航空会社のマイル特典でも同様なことが言えると思います。 但し、マイルには有効期限もある上、特典航空券に関しては、必ずしも自分の行きたい場所に行きたい時期に行ける訳ではありません。

マイルの使い道として特典航空券への交換を第一に考えている人は、特典航空券をゲットできなかった場合の使い道として様々な特典の使い道を考えておく必要があります。

私個人的には日々コツコツと地道に貯めた航空会社のマイルなので、なるべく旅行に関連付けした使い道をするといいのではないかと思います。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


【関連記事】JALマイルは貯めることよりも使うことの方が難しい