腕時計

おはようございます、なべやすです。

昨年2016年の11月と少し古い話になりますが、長年愛用している機械式腕時計の「オメガ・シーマスター」を購入後初めてオーバーホールに出しました。

高校生の頃から憧れていたオメガを購入したのは2000年7月。あれから早いもので17年ほど経ちました。

オーバーホール(英語: Overhaul)とは機械製品を部品単位まで分解して清掃・再組み立てを行い、新品時の性能状態に戻す作業のことである。
引用元:ウィキペディア




1.機械式腕時計のオーバーホール、メーカー推奨は4~5年に1回

私の愛用している「オメガ・シーマスター」は機械式腕時計であるため、定期的にオーバーホールをする必要があります。

オメガ公式ホームページを見てみると、メーカー推奨は時計の使用状況に合わせて4~5年ごとに1回。ネットで調べてみても5年に1回が目安とされていることが多いようです。

ですが。。。私の場合、昨年2016年に初めてオーバーホールに出したので、実に16年間ノンオーバーホール!というとんでもない状態でした。

一般的には5年に1回とよく耳にしていたので、いつかオーバーホールをしなければと心の中では思っていながらも、コストのことやオーバーホールに出すところを考えている内にズルズルと16年間も経過してしまいました。

オーバーホールに出す前の「オメガ・シーマスター」のコンディションはかなり悪く!時計が動いている時間も短く、オートマチック(自動巻き)なのに殆ど自動で巻き上がらず、その為、毎日手巻きで使用していても1日もたない最悪なコンディションでした。

そして手巻きでゼンマイを巻き上げる為にリュウズを回す時も、固いというか重いような感じがする程のコンディションでした。

これはいくらなんでも放置し過ぎたと反省をしました。


2.オーバーホールをどこに依頼するかは非常に迷うところ

omegalogo

そこで「オメガ・シーマスター」をオーバーホールに出すのにあたって、どこに依頼するかとても迷いました。

無難にオメガ正規サービスセンターに出すか、それともネット検索で出てくる修理工房に出すか、はたまた街中にある時計屋に出すか、などネットで色々と調べてみました。

オメガ正規サービスセンターに出せばメーカーのメンテナンスということで安心感は得られますが、やはりその分、ネット検索で出てくる修理工房などと比較するとオーバーホールの金額も「グッ!」と上がります。

このあたりをどう考えられるかが、オーバーホールを正規サービスセンターに依頼することができるかのポイントになると思われます。

因みにオーバーホールの依頼は、正規サービスセンターへ時計を持ち込む以外にも「ピックアップサービス」というサービスがあり、専用の梱包材が届いて宅配で送ることも可能です。

オメガ正規サービスセンターは全国的に見ても数が少ないので、この「ピックアップサービス」は絶対必要ともいえるサービスではないでしょうか。


■関連記事 

3.迷った末に「時計修理の千年堂」に見積り依頼をすることに。。。

色々と調べてみた結果、少し不安ではありましたが、完全に宅配でのやり取りとなる「時計修理の千年堂」に見積り依頼をすることにしました。

時計修理の千年堂」は楽天市場にも出店されていたので、私はそこからオーバーホールの無料見積りの申し込みをしました。
勿論、「時計修理の千年堂」のホームページからも申込みができます。

楽天市場から申込をした数日後、専用の梱包材である「無料郵送パック」が自宅に送られてきたので、それに「オメガ・シーマスター」を入れて送りました。

この「無料郵送パック」があるお陰でとても簡単かつ安全に時計を梱包することができ、早々に「時計修理の千年堂」へ送ることができました。

この部分は大切な時計を宅配で送るにあたり、とても重要なポイントとなります。

「無料郵送パック」は非常に便利でした。


4.見積りが届くまで約1週間、予想以上の金額に驚き!

そして発送してから約1週間程で見積りメールが届きました。



お見積り内容

修理内容

  • 修理内容オーバーホール (完全分解掃除+防水検査+部品追加交換《必要時のみ》+千年堂オリジナル超音波洗浄+千年堂オリジナルクリーニング《サービス》)
  • パッキン交換
  • リューズネジ溝修理/チューブ交換(下取り)、ロー付け(ケースのライトポリッシュ込み)
  • バネ棒×2本交換(社外品)



そして金額は、税込み価格 66,960円


「うわっ!」と一瞬思いましたが、16年間もノンオーバーホール状態でしたし、推奨されている5年に1回のオーバーホールをしてきたと思えばむしろ安いくらいだと自分に言い聞かせ、この見積もり内容で正式にオーバーホールの依頼をしました。(クロノグラフでもないし、3針時計なので5万円以内で収まると甘く考えておりました。。。)


5.オーバーホールに出してから1か月後、愛用の「オメガ・シーマスター」が我が元へ戻ってきた

正式に依頼をしてから待つこと約1か月、「時計修理の千年堂」から修理完了のお知らせメールが届き、その日のうちに時計発送のお知らせメールも届きました。

時計発送のお知らせメールが届いた日の翌日にオーバーホールが完了した時計は発送の時と同じ「ゆうパック」で届きました。因みにオーバーホール代金の支払い方法は代金引換のみです。(金額が金額なのでクレジットカードが使えると助かるのですが・・・)


下の写真が長年愛用している「オメガ・シーマスター」です。ん~、懐かしのモデルです。

OMEGA


無料サービスのライトポリッシュでしたのでケース部分だけですがピカピカになり、絶不調だった「オメガ・シーマスター」もバッチリ機械式腕時計としての本来の機能を完全に取り戻しました。

無料サービスのライトポリッシュの仕上がりが思っていた以上によかったので、次回は有料のポリッシュをお願いしてみたいと思います。


6.戻ってきた腕時計にはメンテナンスマニュアルとメンテナンス用クロスが付属

オーバーホールを終えて戻ってきたシーマスターには「時計のメンテナンスマニュアル」と「時計修理の千年堂創業物語」が付属されておりました。

千年堂メンテナンスマニュアル

メンテナンスマニュアルというよりも、創業者達の時計修理に対する大切な気持ちと情熱が感じられる内容の冊子となっております。

熱い内容となっておりますが、読んでみるとなかなか面白い感じです。

勿論、日常のメンテナンスについても書かれていますので、とても為になります。

因みにこちらは表紙にも記載されている通り【永久保存版】です。


こちらは、時計修理の千年堂オリジナルのメンテナンス用クロスです。

千年堂メンテクロス

メンテナンスマニュアルには、こちらのクロスを下敷きにして時計を置いて使うようにと書かれております。

大切な時計を無造作にそこら辺に置かず、このクロスの上に置き時計を大切に扱おう的な考えのようです。

こちらのメンテナンス用クロスは、メガネ用クロスと同じ様なものです。


■関連記事 

7.オーバーホール後の保証期間は1年だが「湿気入り」があった為に6ヶ月保証となる

時計修理の千年堂の場合、通常、オーバーホール後1年間の保証が付くのですが、私の「オメガ・シーマスター」の場合は修理見積りの段階で湿気入りが認められた為、6ヵ月間の保証期間となっておりました。

正規サービスセンターでのオーバーホールの場合は、確か2年間の保証が付いていたかと思います。


こちらはオーバーホールの納品書兼保証書です。

千年堂保証書


その後も「オメガ・シーマスター」は日々絶好調で、半年以上経過した現在も精度+6~7秒/日と素晴らしい状態を維持し続けております。

これぞオーバーホールをしたかいありです!

初めて機械式腕時計をオーバーホールに出してみて、その必要性が非常によくわかりました。それと16年もの間、一度もオーバーホールをしたことがなかったオメガ・シーマスターが、ここまで機械式腕時計としての機能を取り戻せたことに正直驚きました。

今後は時計のコンディションを見ながら、せめて5~6年に1回位のペースでオーバーホールをしていこうかと思っております。


■関連記事 

8.オーバーホールの依頼先はよく吟味した方がいい

今回、オーバーホールの依頼をした時計修理の千年堂」は、電話をすることもなく全てメールと宅配でのやり取りとなりましたが、一連の内容もとても分かりやすく何のストレスも感じることなくオーバーホールに出すことができました。

但し、店舗に出向いてオーバーホールを依頼するのとは違い、かつ電話をすることもなく全てメールと宅配でのやり取りとなるので、いかにしてストレスや不安がなく発送できるかなどはオーバーホール先を決めるにあたり重要なポイントになります。

このあたりは、オーバーホールを依頼する店舗のホームページに掲載されている修理事例だけを頼りに修理先を選ぶのではなく、ネットのクチコミ(評判)などを参考にして、一つでも多くの情報を入手し修理先を選ぶようにするといいでしょう。


因みに私は下記のブログをとても参考にしました。


そしてネットで検索すると無数の修理工房が出てきますが、安易に選ばずきちんとしたオーバーホールをしてくれる修理工房かよく吟味するようにしましょう。

可能であれば2~3店舗から見積りを取りたいところですが、1度見積りに出すと宅配でのやり取りの場合は約1週間ほど掛かってしまいます。

時計を幾つか所有してる場合はいいのですが、私の場合は「オメガ・シーマスター」だけなので、現実問題2店舗迄でないと見積り依頼だけで時計が3~4週間ない状態となってしまいます。

見積り依頼をする際はこの様な点にも注意が必要となります。

実際の修理に関しては、昨今の純正部品の入手困難により、今回、オーバーホールを依頼した「時計修理の千年堂」もそうでしたが、純正部品以外を使用する修理工房も決して少なくはありません。

そのあたりは正規代理店にオーバーホールを依頼するわけではないということを、よく理解してからでないと後々の後悔やトラブルに繋がる可能性が出てきます。


オーバーホールを依頼するの注意点!
例え1部品でも純正部品以外を使用した修理を受け入れることができない場合は、オメガ正規代理店(正規サービスセンター)にてオーバーオホールを依頼された方がいいでしょう。


私は、それらを踏まえて今回「時計修理の千年堂」にオーバーホールを依頼しました。

次回のオーバーホールも「時計修理の千年堂」で決まり!


追伸:オーバーホールに出すのは高額な腕時計の場合が多いので、依頼先(修理工房)はよく吟味した方がいいですよ。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


■関連記事