なべやすブログのURLを変更しました。


今後もよろしくお願いいたします。


おはようございます、なべやすです。

インターネットの普及と相まって、すっかり私たちの生活に定着したしたネット銀行。

その便利さはスマホとそのアプリの登場によって普及に拍車がかかり、更に私たちの身近な存在となっております。

私自身、給与の振込先口座にしていたり、個人で使っているクレジットカードの引き落とし口座など積極的に使っており、もはや手放せないどころか必要不可欠な存在となっております。



その中でもよく使っているのは楽天銀行とソニー銀行で、セブン銀行は休眠状態です。

特に楽天銀行に至っては給与振込先にしている上、定期預金や振込手続きなど便利使いしております。

また、楽天銀行はハッピープログラムの恩恵により、振込手数料やATM手数料を無料で利用することができます。


「ハッピープログラム」は楽天銀行のお客さま優遇プログラムです。 エントリーするだけでお取引ごとに楽天スーパーポイントが貯まり、楽天スーパーポイントを振込手数料に利用できるようになります。
またATM手数料が最大7回/月、振込み手数料が最大3回/月まで無料に!
(引用元:楽天銀行HP)



お客様優遇プログラムであるハッピープログラムは会員ステージが5段階に設定されていて、預金残高や利用状況によって各ステージに応じた優遇制度が設けられているプログラムです。

特にATM手数料無料に関しては、ネット銀行に限らず銀行口座を持つ上で必須となりますので、その恩恵を受けられるステージは必ずゲットしたいところです。

私がハッピープログラム以外にもメリットを感じているところは、スマホアプリの使い勝手がバツグンにいいところです。

楽天銀行アプリはアプリ内で大半のことができてしまいます。

私がよく利用している振込手続きや振込管理は勿論のこと、定期預金の預け入れから中途解約までアプリ一つで簡単にできてしまいます。

それら以外にも、あれもこれもアプリで可能なのでパソコン無しでも私には全く問題なくとても快適で便利です。

なのでネット銀行アプリの使い勝手は私にとって重要なポイントになります。



■関連記事 


ソニー銀行の優遇プログラムCLUB Sの特典とステージ獲得条件は?

楽天銀行と並んでよく使っているソニー銀行は、マイホーム購入の時期に住宅ローン借入を目的として開設をしたネット銀行口座です。

当時、住宅ローン借入の最有力候補としていた長期固定金利住宅ローン「フラット35」の対抗馬としてソニー銀行の住宅ローンを検討しておりました。

ソニー銀行も「フラット35」までとは言わずとも、長期間の低金利住宅ローンが当時ありました。

結局のところソニー銀行で借入をすることはありませんでしたが、今となってはマイホームの修繕費を中心に臨時の出費などに対応する為の一時的な貯蓄口座として活用しております。

ソニー銀行も楽天銀行のハッピープログラムと同じ様な優遇プログラムCLUB S(クラブエス)により、楽天銀行と同様に振込手数料やATM手数料を無料で利用することができます。


優遇プログラム Club S (クラブエス)は、特別なお客さまにソニー銀行をより便利、よりおトクにご利用いただくためのサービスです。
各種預金はもちろん、投資信託や住宅ローン、FXなどお客さまの取引状況に応じて、シルバー、ゴールド、プラチナの3ステージをご用意しております。
(引用元:ソニー銀行公式HP)


優待プログラムであるCLUB Sは、月末の残高や取引状況によりステージが決定して、各ステージの獲得基準を満たした人は翌々月の1ヶ月間、以下の優待特典を利用することができます。
sonybabkclubs1
sonybabkclubs2

CLUB Sの恩恵を受ける獲得条件は、楽天銀行のハッピープログラムよりも個人的には少しハードルが高いように感じますが、ステージがなくてもATM利用手数料無料回数が月4回や振込手数料無料回数が月1回あるなど、ステージなしでの口座保有でもお試しで利用するにはいいのかと思います。

CLUB Sステージ獲得条件

sonybabkclubs3
sonybabkclubs4


また、ソニー銀行の口座開設時に、VISAデビット機能が付いたキャッシュカードのSony Bank WALLETを申し込むことによって、他行への振込手数料無料回数が1回アップの計2回となったり、VISAデビットの利用で国内ショッピングのキャッシュバックや割引特典などお得な優待サービスを利用することができます。

Sony Bank WALLETは、発行手数料および年会費も無料なので、口座開設をする場合は申し込んだ方がお得です。(私も申し込みました。


ソニー銀行アプリでできること

前置きが長くなってしまいましたが、ここで今回のテーマでもあるソニー銀行アプリについてです。

以前からあったアプリですが、私がこのアプリを使い始めたのは、ここ最近のことです。


ソニー銀行アプリでできること
  • 残高照会(全商品)
  • 外貨普通預金取引(売・買・指値申込)
  • お振り込み
  • 各種情報照会(マーケットニュース、経済指標、為替レート、金利一覧など)
  • ワンタイムパスワードの表示
(引用元:Google Playソニー銀行アプリ詳細ページ)


これまで私がソニー銀行アプリを使ってこなかった理由は、ただ単に振込の機能が無かったからです。

私がネット銀行のアプリに求めてる機能は振込や定期預金ができることであって、残高確認だけの機能しかないようなアプリであれば、Webブラウザからログインして使った方が様々なことができて便利だからです。

しかし、ソニー銀行アプリに私が必要としていた振込機能が追加されたので、「待ってました!」とばかりにインストールしました。

私のスマホはワイモバイルのAndroid端末ですが、ソニー銀行アプリはiPhoneも対応しております。


指紋認証ログインやワンタイムパスワード発行機能も付いて便利なソニー銀行アプリ

では実際の使用感ですが、ログインの方法に指紋認証を使うことができます。
sonybankapp1

私の使っているスマホも指紋認証機能が付いておりますので、ソニー銀行アプリでログインをする際には指紋認証でのログインが可能です。

指紋認証機能を使ってのログインは楽天銀行アプリでも可能で、使ってみるとログインの簡略化によって便利な上、セキュリティ面でもいい感じがします。

なので、ソニー銀行アプリにも指紋認証機能が付いていたことは私にとって高ポイントでもあり、様々なアプリにこの機能が使える様になるといいのではないかと思っております。

また、ワンタイムパスワードの機能が付いていたのも私にとっては、なんとも嬉しいオマケが付いていた気分です。

今までソニー銀行のワンタイムパスワードの発行は、口座開設時に送られてきたキーホルダータイプのものでしたので、私の場合は携帯することもなく使い勝手が今一つでした。

利用頻度こそ多くはないですが、ワンタイムパスワード発行をアプリできる様になったことは私にとってメリットです。


アプリの画面もわかりやすくできており、各種サービスも使いやすいと言った印象です。
sonybankapp2

私が重要視していた振込機能も使いやすくできていたのでよかったです。

他にも私は利用しておりませんが、外貨預金取引などもできたりと、その多機能な一面がうかがえます。


ソニー銀行アプリの更なる進化に期待!

今回、アプリの充実化により使い始めたソニー銀行アプリ!

今のところ私のお気に入りネット銀行アプリの楽天銀行アプリとまでは言えませが、ソニー銀行アプリも十分な使いやすさでしたので今後のアップデートなどを経て更なる進化を楽しみにしたいところです。


まとめ

  • ソニー銀行の優遇プログラム Club S は、ステージなしでも利用価値は十分ある。
  • Sony Bank WALLETは維持費もかからず申し込んだ方が絶対お得!
  • ソニー銀行アプリは振込やワンタイムパスワード発行ができるようになり、使いやすさアップ!



ネット銀行はインターネットの普及と相まって、私たちの生活に浸透し定着してきました。

そしてスマホの登場により、更に便利さと使いやすさの向上を遂げたかの様に思えます。

それと同時にスマホの取扱いも含めてセキュリティ面などをこれまで以上に考え、注意していかなければなりません。

便利なネット銀行アプリをこれからも安全で便利に利用していく為にも、その取扱いには十分注意をしていきたいと思います。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


■関連記事