なべやすブログ

恐竜好きな2児のオヤジの雑記ブログ

【レビュー】ニトリで見つけた腕時計収納ケースはコスパ高い!さすがお値段上ニトリ!

スポンサーリンク

f:id:nabeyasukun:20200601094300j:plain

おはようございます、なべやすです。

2000年の夏から17年間の長きにわたり愛用し続けているオメガ・シーマスター。


昨年、2000年の夏に購入してから初のオーバーホールに出すまで、ろくに手入れもしてこなかった割には毎日活躍してきてくれました。

長年愛用の腕時計をもっと労らなければならないと思い、品揃え豊富で何でもありそうな人気のお店、お値段以上のニトリへ腕時計収納ケースを買いに行くことにしました。
 
そして、見事にお値段以上!そしてコスパ高い!腕時計収納ケースを買うことができました。
 
さすが「お値段以上ニトリ」です。
 

ニトリには色々な種類の腕時計収納ケースがあって選びやすい

f:id:nabeyasukun:20200328000937p:plain

ニトリの店舗へ行ってみると、腕時計収納ケースもいくつかの種類がありました。

やっぱりニトリは品揃えが豊富です。

もはや単なる家具屋さんではありません!

腕時計コレクターが好きそうなケースの中にある腕時計が見える窓付きで5本並べて収納可能なものや、腕時計とメガネ、アクセサリーまで収納可能な大きめのものまでありました。

私は腕時計といってもオメガ・シーマスターのみで、妻も私と同じく腕時計は1本のみ所有ですので、ニトリで売っていた時計3本収納可能でアクセサリー収納スペース2ヶ所ある小さめものを買ってみました。
 

腕時計が金属ブレスの場合はブラックのケースがおすすめ

f:id:nabeyasukun:20200328000351j:plain

それでは、ニトリ腕時計収納ケースのレビューです。
 
色はブラックとホワイトの2色がありましたが、オメガ・シーマスターのように金属ブレスの腕時計だとシルバー色が映えると思い、上の画像のブラックのケースを選択してみました。
 
ブラックといっても、どちらかと言うとチャコールグレーのような感じの印象です。

ホワイトのケースは若干クリーム系の色だったので、自分としてはブラックが無難な選択だったように思えます。

逆に腕時計のバンドが革製の場合は、ソフトなイメージのホワイトを選んでもいいかもしれません。

表面の材質はポリ塩化ビニルで合成皮革のような質感となっております。

私の購入した腕時計ケースの大きさは24×16×5㎝と、それほど大きなものではありませんので、ちょっとしたスペースがあれば置くことができるサイズだと思います。

我が家では、キッチンカウンターの端にある奥行の余りない場所に置いてみました。
 

ケース内側はベルベット張りで傷つきにくさにも配慮されている

f:id:nabeyasukun:20200328000437j:plain

ケースの蓋を開けると中はベルベット張りで、腕時計やアクセサリーが傷付きにくい作りとなっております。
 
貴金属を収納するための配慮がされていて、気遣いを感じる商品です。
 
また、見た目も安っぽくなく、とてもいい感じです。

照明の加減で少し見えづらいですが、左側の縦長3列が腕時計の収納スペースになります。
 
そして、右側の正方形2マスがアクセサリー用の収納スペースです。

スペースの大きさからして指輪やピアス、男性の場合はカフスなどを入れるといった感じでしょうか。

オマケ程度のスペースですが、なにげに便利で使えそうです。
 

お手頃価格で腕時計をきちんと保管できコスパも高いニトリの腕時計ケース!

実際に腕時計をケースに収納してみるとこのような感じになります。

f:id:nabeyasukun:20200327234735j:plain

日頃、何気なくキッチンカウンターなどに無造作に置いていたオメガ・シーマスターもこのような専用ケースに収納するだけで、不思議なことにきちんと保管されているように思えるものです。

また、気分的にもだいぶ違います。

ちなみにオメガ・シーマスターの隣に収納してある腕時計は妻のオメガ・コンステレーション(クオーツ)です。

こちらの腕時計ケースは、ニトリで925円(税抜き)と、これまたかなりリーズナブルでコスパ高い商品です。

さすが「お値段以上ニトリ」です。

お手頃な値段で買うことができ、腕時計を大切に保管している感が「グッ!」とアップいたします。

ニトリに限らずヤフーショッピングや楽天市場などで検索すると、選びきれないほどの腕時計収納ケースが出てきます。

日頃、使っている腕時計に感謝の気持ちの意味で、おひとついかがでしょうか。

大切にしてる感が「バツグンにアップ!」します。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

あわせて読みたい

 

www.nabeyasu-blog.com

 

www.nabeyasu-blog.com

 

www.nabeyasu-blog.com