なべやすブログ

恐竜好きな2児のオヤジの雑記ブログ

お風呂場のカビ対策には換気が重要!ポイントはお風呂場の窓を閉める?

スポンサーリンク

おはようございます、なべやすです。

 

家中の至るところに発生するカビ!

その中でもお風呂場は最もカビの生えやすい場所です。

水回りであるお風呂場は湿気も多く特にカビの発生する条件が整っている場所なのです。

 

カビは一度生えてしまうととてもガンコで、生える箇所にもよりますがお風呂場のゴムパッキン部分やタイルの目地などに生えてしまうとカビ落としも容易ではありません。

 

やはり一番の対策はカビを発生させないことです!
 

お風呂場はカビの格好の住み処

f:id:nabeyasukun:20200328000418j:plain

お風呂場はカビの格好の住み処です!
 
我が家もマイホーム購入前に住んでいた賃貸住宅の時はお風呂場に窓もなかったこともあり、換気が不十分なせいかユニットバスのゴムパッキン部分や壁、そして天井に至るまでカビが発生してしまいました。

 

その様になるとカビを落としても直ぐに新たなカビが生えてきたりとイタチゴッコ状態となってしまいます。

カビの発生が少ない内にこまめにカビ取りをするべきだったと今になって反省しております。

 

その反省する過去があるだけに、マイホーム購入をしたからには新居のお風呂場にカビを生えさせないようにこまめにカビ取りをしようと思っておりました。
 
 

お風呂場のカビ対策に窓を開けて換気していたが・・・

f:id:nabeyasukun:20200327234515j:plain

我が家の購入した物件のお風呂場には、小さいながらも窓があります。

窓があれば換気ができカビの発生を抑えることができると思いましたので、物件探しをしていた時からお風呂場に窓があるかは重要視しておりました。

 

そして我が家も無事お風呂場に窓がある生活となり、入浴後は窓を開けて換気をし、これでカビの発生を抑えられると安心をしておりましたが、どうやらその考えは少し甘かったようです。

 

引っ越しをしてから3~4ヶ月位すると風呂床に黒い小さな点々を所々に見かけるようになり、そしてゴムパッキン部分にも少数箇所ですが黒いカビを見かけるようになりました。

 

窓を開けてお風呂場の換気をしているのに何故なんだろうとガッカリしてしまいました。

とは言えガッカリしていても仕方ないので、何かしらお風呂場のカビ対策をしなければなりません。

 

では、どうすればいいのか、賃貸住宅の時の二の舞にならないためにもネットで調べたりしながらカビ対策を考えてみることにしました。
 
 

主な対策はカビ取りとカビ防止の2つ

先ずはカビ対策をするにあたり私が考えたことは二つあります。


ひとつは生えてしまったカビを除去することのカビ取り対策。

もうひとつはカビの発生を抑えること、つまりカビ防止対策です。


この二つの方法を日常生活のサイクルに取り入れていくことによりお風呂場のカビ対策をしていきます。

主な方法を以下の通りまとめてみました。

1.カビ取り剤でのカビ除去

f:id:nabeyasukun:20200327235053j:plain

色々なカビ取り法があるが、従来からあるカビ取り剤でも充分落ちる
ひとつ目のカビ取り対策ですが、ネットで調べると色々な方法が出てきます。又、某テレビ番組でも「50℃のお湯をかけるだけ!」など色々な方法や情報が満載です。

その様な中で私が行うカビ取りは、今も昔も変わらずカビ取り剤を使ってのカビ取りです。

使うカビ取り剤も特別なものでなく、ドラッグストアやホームセンターで売られている「カビキラー」「カビハイター」といったアルカリ性の定番商品です。

こちらもゴムパッキン専用の商品など出ており、使ってみたりもしましたが最終的には昔からあるスプレーするタイプの商品に最近は収まっております。
 
ゴムパッキン用カビキラーはカビ汚れの落ちがよくないので、今はカビハイター一本でパッキンのカビ取りもしています。
 
パッキン用でなくても十分取れます!

ちなみにカビキラーよりもカビハイターの方が効き目がいいように感じます。(きっと気のせいです。)


カビ取りのポイントは繰り返し根気よく
使い方も特別なやり方などなく商品に記載されている使用方法通りに、対象箇所が濡れていないことを確認して直接スプレーするやり方です。

だだし、最近は以前と少し違い、スプレーした後に少なくとも30分以上経過してから洗い流すようにしております。

落ちにくいカビ汚れの場合は、この作業を何度か繰り返します。

繰り返し行う場合は、一日で何回もではなく何日か掛けて落ちるまで行います。

早くカビを落としたい場合は、一日で何回も繰り返すと落ちるかも知れませんが、カビ取り剤の影響で気分が悪くなったり、体調を崩したりしたら大変なので無理せずカビ取りをしましょう。

このやり方以外には特段何も行わず、ネットなどでもよく見かけるキッチンペーパーやラップなどを使った方法はいっさい行いません。
 

2.換気によるカビ防止対策

 
あるブログで知った換気方法
もうひとつは、換気をすることによりカビの発生を抑える対策です。

カビの発生する原因には湿気が大きく関係しておりますので、水回りであるお風呂場は少しでも早く湿気を取り除かなければなりません。

その為にも換気をすることは外せません。

だだし、その換気をしていたにもかかわらず、我が家のお風呂場にはカビが発生してしまいました。

何とかしなければと思いながら、浴室の換気についてネットで調べていたところ、あるブロガーさんがお風呂場の換気方法についての記事を投稿しておりました。

そこで我が家とは違ったお風呂場の換気をしていたので、そのブロガーさんのやり方を試してみることになりました。

その換気方法は至ってシンプルでした。
 
 

お風呂場の窓を閉めて長時間換気扇を回すのが効果的!

 
窓は閉めて換気扇を使った長時間換気が効果的
それまで我が家で行っていたお風呂場の換気は入浴後に窓を開けて換気をする方法でした。

浴室換気扇も併用しておりましたが、回していたのは時間にしてたったの20~30分程度でした。

後はお風呂場の窓を翌日のバスタイムまで開けておくようにしておりました。

言ってみれば窓を開けての換気が中心のやり方でした。

それに対してブロガーさんの記事に掲載されていた換気方法は、我が家が行っていた窓を開けることの換気とは正反対の換気扇を使うことを中心とした換気方法です。

その中でも私が意外と思えたのは浴室の窓はあえて閉めた状態で換気扇を回し換気をするところです。

しかも換気扇を作動させている時間が夜間の入浴後から翌朝までと長時間で、入浴後20~30分しか換気扇を作動させていない我が家とは大きく違うものでした。

その後、朝から窓を開けて喚起する点は同じです。


始めてから3カ月経った今もカビ取り不要!
この浴室換気扇を中心とした換気方法を使うようになってから、浴室内の天井や壁面に水滴などの湿気が翌朝の時点で残らなくなったことに気づきました。

そしてこの換気方法になってから約3ヶ月ほど経過しましたが、今のところ風呂床やゴムパッキン箇所にカビの発生は見受けられません。

それとその約3ヶ月の間に「カビキラー」や「カビハイター」などのアルカリ性のカビ取り剤を一回も使用しておりません。

未だ3ヶ月ほどではありますが、その効果としてはまずまずではないでしょうか。

因みに我が家は、この換気方法を行う際はに浴室と脱衣場のドアをどちらも全開にしておきます。

効果はどれ程かわかりませんが、少しでも早くお風呂場の湿気を取り除く為には、ドアを全開にした方がより多くの空気を取り込むことができるのではないかと考えたからです。

しかし、これには何の根拠もなく、私の勝手なイメージであることを付け加えておきます。
 
 

長期間換気扇を使うことによる電気代は?

この換気方法を行う前との違いとして気になる点としては、長時間浴室換気扇を作動させていることによる電気代です。

夜間の入浴後から翌朝まで換気扇を使うと少なくとも連続で7~8時間は回したままの状態となります。
 
これが毎日となると、いくらカビが生えにくくなったとはいえ電気代が膨らむのではないかと心配になるところですが、我が家の場合は、電気代の請求書を見て気づくほどの変化は見受けられませんでした。

これは換気扇のタイプにもよるかもしれませんが、思っている以上に換気扇の消費電力は少ないようです。

因みに我が家の浴室換気扇は天井埋め込みタイプの換気扇でして、これを毎日連続で10時間位は回しております。

我が家の行っているカビ防止対策ですが、印象としては換気扇を使った換気方法の効果が大きいように思えます。

もちろん、カビ取りが一切不要となるわけではありませんが、窓を閉めた状態で換気扇を回すという、ちょっとしたことで効果が得られ、煩わしいカビ取りから解消されるかもしれませんので、一度試してみる価値はあるかもしれません。

ポイントはお風呂場の窓を閉めて換気扇です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 

 

www.nabeyasu-blog.com

 

www.nabeyasu-blog.com