なべやすブログ

恐竜好きな2児のオヤジの雑記ブログ

ウッドデッキの熱さ対策にLIXILスタイルシェードを設置してみた!

f:id:nabeyasukun:20200328001440j:plain
おはようございます、なべやすです。

今は梅雨時の6月ですが、これからいよいよ夏本番を迎えます。

裸足厳禁!ウッドデッキの表面温度は思いのほか高くなる!

f:id:nabeyasukun:20200327235510p:plain

 

以前、ブログでも紹介させていただきましたが、我が家には小さいながらも庭にウッドデッキがあります。

 

そのウッドデッキは天然木ではなく、LIXIL社製のもので材質は天然木の風合いがある人工木です。

 

この人工木のウッドデッキですが、季節が夏でなく心地よい春頃の日差しであってもウッドデッキ表面の温度が上昇し、裸足では「熱い!」と感じる程になってしまいます。

夏は裸足厳禁!です。

 

設置したのはLIXIL「樹ら楽ステージ」という製品でLIXILホームページや製品カタログでは、下記の様に記載されておりますが、実際のところ我が家の「樹ら楽ステージ」の場合は春頃の日差しで既に表面温度は熱さを感じます。

温度の上昇を抑える
「樹ら楽ステージ」は、デッキ材の色を表現する「顔料」に、太陽光線を反射する特殊タイプを採用しました。
デッキ材表面温度を当社従来商品の類似色比で、最大約10℃抑制しました。真夏の暑い時期でも表面が熱くなりすぎません。
(引用元:LIXILホームページ)

 

メーカーとして上記の様に説明しておりますが、春頃の日差しであっても裸足では無理な時も多々あり、靴下やサンダルなどが必要になります。

 

 

LIXILスタイルシェードでウッドデッキの熱さ対策

これではせっかく設置したウッドデッキも春の心地よい季節に使うことができなくなってしまうと思い、以前から気にかけていたLIXILスタイルシェードをウッドデッキ表面の熱さ対策として設置することといたしました。
 
暑さ対策ではなく熱さ対策です!

このスタイルシェードという製品は、夏場に活躍する「よしず」や「すだれ」の様な役割をするもので、主に暑さ対策として使われることが多いかと思われますが、LIXILホームページではスタイルシェードのコンセプトが以下の様に記載されております。(LIXILホームページから一部引用)


夏の暑さをすっきり解消

【暑さ対策】
室内の温度上昇を抑え、夏をより快適にします。

熱中症対策】
室内熱中症のキケンから、大切な家族を守ります。

【日焼け対策】
紫外線をカットして、しっかり日焼けをケア。

【節電対策】
エアコン効率を高め、冷房費を軽減します。

 
 

窓辺を、すっきり美しく

【スタイルアップ】
モダンな住まいにもなじむ、すっきりしたデザイン。

【対候性】
色あせや劣化を抑えて、美しさをキープ。

【収納性】
使わないときも、すっきりスマートに。

【遮視性+採光性】
光を採り入れながら、プライバシーを確保。

LIXILショップと大手ホームセンターで相見積りをしてみた

 

LIXILショップには電話で見積りを依頼

スタイルシェードを設置するにあたり、ウッドデッキを設置する際にお世話になりましたLIXILショップと大手ホームセンターのC社(皆さんおなじみの)で見積りを取ってみることにいたしました。
大手ホームセンターC社は、以前にウッドデッキの相見積りをする際にも依頼したことがあります。
LIXILショップに関しては我が家のウッドデッキを設置したということもあり、電話で見積り依頼をしたところ、特段、現地に来ることもなく見積り作成となりました。
てっきり計測などに来るものかと思っておりましたが、ウッドデッキを設置した際の情報を基にサイズなどを決めて見積り作成をしたのでしょうか。
 

さすが大手ホームセンター!見積りはその場で出る早さ!

もう一方のC社はホームページから見積り依頼をしました。その後、電話にて現地見積りの日程調整について連絡がありました。
 
C社の場合、見積り作成の際は現地にて計測と設置箇所などの確認を行いました。
又、その場で製品カタログを見ながら色なども選びます。
 
当然といえば当然だと思うのですが、詳細な見積りを作成するには、この様なことは必要不可欠ではないかと思います。
 
そして見積りは、なんとその場で作成していただけました。
 
実にスピーディーな対応です!


なんと見積り結果に35,000円以上の開き!

見積りの結果はLIXILショップが85,320円でした。
▼詳細は下記の通りです。
LIXILショップ見積り詳細
  • スタイルシェード:52,000円
  • 取付費:19,500円
  • 諸経費:7,500円
  • 消費税:6,320円

一方の大手ホームセンターC社の見積り額は、50,100円でした。
▼詳細は下記の通りです。
ホームセンターC社見積り詳細
  • スタイルシェード:29,370円
  • デッキ固定用部品:3,450円
  • 取付工事費:17,280円
  • ※価格は税込み表示です。


見積り結果を見てわかる通り、その価格に歴然とした差が出ました。

 

実に35,000円以上の開きがあります。

 

この価格帯でこの価格差は非常に大きいです。

 

取り付け費用にこそ大きな価格差はありませんが、肝心要のスタイルシェード自体に大きな価格差があります。

 

さすがにこれでは検討するまでもありませんので、今回はC社にお願いすることにいたしました。
 
大手ホームセンターC社の圧勝です!
 
 

イメージは窓の外側にロールスクリーンを付けた感じ

取り付け工事の契約は、自宅の最寄りのC社店舗まで出向いて行います。

 

その際、契約書類の記入と費用の支払いが必要ですが、工事費用に関しては全額払いだけでなく一部のみの支払いも可能です。その場合、残債は工事完了後の支払いとなります。

 

ちなみに私は3割を先払いし、工事完了後に残りを精算いたしました。

 

支払いにはクレジットカードも使えて便利です。

 

まだまだ少ないリフォーム費用のカード払い

リフォーム関連の費用は、工事の内容によって高額になるケースも多々あるかと思いますので、クレジットカード決算が可能かどうかは、けっこう重要なポイントになります。
実際には現金払いこそないですが、指定金融機関口座への振込がほとんどです。

 

工事の契約をしてから、2週間後に取り付け工事となりました。

 

私が申し込みをした時は、他のリフォームなどで混雑していた様です。

 

混雑期でなければもう少し待ち期間は少ないのかもしれません。

 

f:id:nabeyasukun:20200327235248j:plain

我が家の場合、シャッターがある箇所にスタイルシェードを取り付けてもらいましたので、上の写真(赤い矢印部分)の様にシャッター下部への取り付けとなりました。
取り付け時間は1時間程度でした。

f:id:nabeyasukun:20200327234405j:plain

LIXILのホームページやカタログには、加工不要で取り付け可能とも書いてありましたが、我が家の場合、上の写真の様にビス止めしてありました。
この方がしっかりと固定されるのかもしれません。
 

f:id:nabeyasukun:20200328000449j:plain

こちらの写真はスタイルシェードの生地です。上の写真からはわかりにくいですが、生地といっても網戸やカーテンの様に透けます。
生地は網戸の目が細かく詰まった様な感じのもので結構しっかりとしておりますので、ペラペラ感もなく布とは違い耐久性もありそうです。
 
製品のイメージとしては、窓の外側に取り付けるロールスクリーンの様な感じです。

但し、スタイルシェードはロールスクリーンの様に窓半分位の箇所で止めて使ったりすることができませんので、フックに引っ掛けて止める必要があります。
 
我が家はウッドデッキの熱さ対策として設置しましたので、フックはウッドデッキに付けていただきました。
 
スタイルシェードを使わない時はロールスクリーンと同じ様に収納され、使う時も引き下げるだけと簡単かつスッキリとしております。
 
この点はスタイルシェードの一番の魅力です!
 
ホームセンターや通販でもアンダー1万円で機能としては同じシェードが売っておりますが、設置と収納の手間がどうしても必要となります。
 
この手のタイプは下手するとオールシーズン出しっぱなしになってしまい、雨にもあたり汚れてたり、劣化も早いと思います。
 
スタイルシェードはこの点を見ごとにクリアしていて、設置と収納のことを一切考える必要がありませんので快適です。

実際の使用感としてはウッドデッキの熱さ対策だけでなく、室内の暑さ対策にも効果がありそうな印象です。

LIXILスタイルシェードひとつで、これから迎える夏の暑さ対策と熱さ対策の両方を兼ねられそうです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。