なべやすブログ

恐竜好きな2児のオヤジの雑記ブログ

中古で買ったiPhoneSE(第2世代)が急に圏外になり使えない!原因は赤ロムだった!

スポンサーリンク

f:id:nabeyasukun:20210605184310j:plain

おはようございます、なべやすです。

とんでもないことが起こりました!

約2カ月前にゲオオンラインストアで購入した妻の中古のiPhoneSE(第2世代)が、急に圏外となり使えなくなってしまいました。

その状況を軽く見ていた私は、再起動すれば直ると思いやってみたが直りません。

であれば、「SIMを一度抜いて差しなおせば復活するでしょう」と、あるあるな対処法を試みましたがこれもダメ!

その他、ネットで調べて出てきた対処法を行ってみましたが、それらも全てダメでした。

まさか…と思った私は、妻のiPhoneSEのIMEI番号(製造番号)からネットワーク利用制限を確認してみたところ、結果はものの見事に赤ロム(×:利用制限中)でした。

 

赤ロムとは前ユーザーの割賦販売の支払いが滞ったり、前ユーザーやキャリアの遠隔ロックにより利用ができなくなることです。
※液晶ディスプレイ内のアンテナ表示が赤色に変わるため「赤ロム」と呼ばれています。

 

圏外になっている原因が赤ロムとわかったので、私はすぐ購入元であるゲオオンラインストサポートセンターに電話をしました。

その結果、ゲオオンラインストアの赤ロム永久保証により、iPhoneSEを無償で交換していただいて無事問題解決となりました。

この記事でわかること

  • ゲオオンラインストアの赤ロム保証
  • ゲオオンラインストアの赤ロム対応
  • iPhoneが圏外になったときの対処法
  • 予備スマホの必要性

 

 

ゲオオンラインストアの赤ロム永久保証

ゲオオンラインストアでは、中古スマホに対して赤ロム保証を付けております。

購入したスマホが赤ロム現象により使えなくなってしまった場合は、期間問わず同等品と交換もしくは返金してもらうことができます。

つまり、赤ロムになってしまったスマホに対しては永久保証です。

それを知っていた私は、妻のiPhoneSEが赤ロムだとわかった時点で少し冷静になることができました。

約2ヵ月前に買った中古のiPhoneSEが突然圏外表示になってしまったので、ネットワーク利用制限を調べてみたところ、×:利用制限中と出てしまいました。

f:id:nabeyasukun:20210605001148j:plain

ネットワーク利用制限確認画面

 

ネットワーク利用制限の見方
○:の場合は完済済み(白ロム)
▲:の場合は分割払いで支払途中(ご利用は出来ます)
✕:の場合はロックがかかり、使用できなくなります。(赤ロム)
-:の場合はSIMフリー機やWi-Fi機になります(auの端末では一部【-】表記がございます)

引用元:ゲオ公式通販サイト ゲオオンラインストア知ってトクする!中古携帯の活用方法

 

ネットワーク利用制限は購入前に確認できる

ネットワーク利用制限が表記されていない場合は、中古スマホのIMEI番号(製造番号)からネットワーク利用制限が確認できます。
ゲオオンラインストアでは、端末ごとのIMEI番号(製造番号)を公開しておりますので、購入者側でネットワーク利用制限の確認をすることができます。
確認は各キャリアごとのサイトで行います。

※UQモバイルの端末はauでワイモバイルの端末はソフトバンクのサイトで確認できます。

 

ゲオオンラインストアのようにIMEI番号をサイト上で公開している中古ショップも多いので、購入前にネットワーク利用制限を調べてみるとわかりますが、▲:分割払いで支払途中の中古スマホが非常に多いです。

妻が購入した中古のiPhoneSEも、この手の端末です。

:完済済みの端末よりも少しだけ安価であることも多いのですが、その分、赤ロムのなるリスクを伴います。

 

ゲオオンラインストアサポートセンターへ電話

ゲオオンラインストアサポートセンターに購入したiPhoneが圏外表示になってしまったことを伝えました。

その際に、IMEI番号からネットワーク利用制限を確認して利用制限中になっていることもあわせて伝えました。

赤ロムですね。それは大変申し訳ございませんでした。
こちらで状況を確認させていただき、折り返しご連絡させていただきます。

この時点でゲオオンラインストアに伝えたこと

  • 受注番号
  • 購入日(注文日)
  • IMEI番号(製造番号)

その後、数分でゲオオンラインストアから折り返しの電話がありました。

 

この度は、ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。赤ロムであることが確認できましたので、弊社の赤ロム保証にて対応させていただきます。

 

ゲオオンラインストアの赤ロム保証は、同等品と交換もしくは返金での対応になります。

サポートセンターからの提案も同等品と交換もしくは返金でしたが、同等品との交換の場合は在庫確認と赤ロムとなったiPhoneの返品を確認した後の発送となるため1週間もしくはそれ以上時間がかかるとのことです。

それに対し返金対応の場合は、返金額元手に再購入をすれば、すぐ使えるとのことでした。

私がゲオオンラインストアでiPhoneSEを購入したときは、セール期間中であったため10%オフで購入すしております。

つまり返金対応を選ぶと当然ですが、返金額は10%オフの金額です。

再びゲオオンラインストアのセール期間中に購入しない限り、10%分(4,000円近く)損したことになってしまいます。

ケチ倹約家な私は、こちらが原因で赤ロムになってしまったわけではないのに、買いなおして足が出てしまうのも何となく嫌だったので、交換にて対応してもらうことにしました。

 

交換品は色違いのiPhoneSE

ゲオオンラインストアのサイトで確認してみたところ、その時点で販売されているのは白色のiPhoneSEだけでした。

妻が購入したのは黒のiPhoneSEでしたので同じ色ではありませんが、色は変わってしまってもかまわない旨は伝えてありました。

最初の問い合わせをした翌日には、サポートセンターからメールで在庫状況の報告がありました。

 

ご要望に添えずに申し訳ございませんが、お色が白ではございますが、同機種の交換商品を確保いたしましたのでご報告申し上げます。お手数おかけ致しますが、ご返品をお願い致します。入荷し検品に問題がなければ返品商品確認次第、発送をさせていただきます。

 

ご連絡ありがとうございます。色の件は了解いたしました。購入時は貴社サイトにおけるAランクの商品を購入しておりますので、その点は同ランクでの対応をお願い申し上げます。返品の準備ができ次第発送させていただきますので、返品先のご住所をお知らせ願います。

 

現在、手配済の商品につきましてもランクA商品でございます。入荷後、当サポートセンターで改めて検品を致しますので、商品状態につきましては、確認させていただきます。何卒よろしくお願い申し上げます。

 

個人的には、中古スマホ購入の対応で、ここまでしていただければ十分だと思いました。

 

 

交換商品のiPhoneSEが届くまでの流れ

f:id:nabeyasukun:20210605181011j:plain

サポートセンターに問い合わせをしてから、交換品が届くまで約1週間かかりました。

f:id:nabeyasukun:20210605180312j:plain

ゲオオンラインストア返品交換の流れ

 

Point
  • 返品する際は、iPhoneを初期化したうえ、着払いで送ります。
  • 梱包は、箱や緩衝材を自身で用意することになります。

 

 

iPhoneが圏外になったときの対処法

今回、iPhoneSEが圏外になってしまった原因は赤ロムでしたが、その原因を特定するまでに試した方法がいくつかあります。

赤ロム以外の場合はそれらで改善されることもあるようなので、まず試してみるといいでしょう。

 

サービスエリアを確認する

これは対処法でなく確認ですが、現在地が携帯委電話会社のサービスエリア内であるか確認してみましょう。

いきなり圏外となってしまうと、あわてて基本的なことを忘れてしまう可能性もないとはいえません。

今回の場合、圏外表示に気づいたのが自宅にいる時でしたので、原因として真っ先に除外しましたが、出先などで圏外表示になってしまったときは場所を移動して確認することも必要です。

 

iPhoneを再起動する

再起動は基本中の基本なので、真っ先に試してみた方がいい方法です。

通信の不具合に限らず、iPhoneやスマホに不具合が生じたときに行う基本的な対処法といえます。

再起動により不具合が改善されることは決してめずらしくありませんので、1番最初に試してみるようにしましょう。

 

SIMカードを抜き差しする

再起動の次に試してみたいのがSIMカードの抜き差しです。

特に通信関係の不具合では、外すことのできない対処法といえます。

SIMを抜き差しする際は、必ず電源オフにしてから行うように注意が必要です。

 

ネットワーク設定をリセットする

ネットワーク設定をリセットすると購入時の状態と同じになります。

方法は以下の手順で行います。

【設定】→【一般】→【リセット】→【ネットワーク設定をリセット】

それまで使っていた Wi-Fiネットワークとパスワード、モバイルデータ通信設定、VPNやAPNの設定もリセットされてしまう点に注意が必要です。

Wi-Fiの再設定が必要になりますので、事前にパスワードを確認して用意しておく必要があります。

 

キャリア設定のアップデートがないか確認する

どちらかと言えばめずらしい部類に入る対処法だと思いますが、Apple公式のサポートにも掲載されておりますので、試してみる価値はあると思います。

 

キャリア設定のアップデートは、以下の手順にそって手動で確認し、インストールすることができます。

デバイスが Wi-Fi または携帯電話のネットワークに接続されていることを確認します。

【設定】→【一般】→【情報】の順にタップします。

アップデートが提供されている場合は、キャリア設定をアップデートするオプションが表示されます。

デバイス上のキャリア設定のバージョンを確認するには、【設定】→【一般】→【情報】の順にタップし、「キャリア」の横を調べてください。

iPhoneに新しいSIMカードを挿入した場合は、その新しい通信事業者に対応したキャリア設定をダウンロードする必要があります。

引用元:iPhone や iPad に「圏外」または「検索中」と表示される場合 - Apple サポート

 

iOSを最新バージョンにアップデートする

順番としては最後に試してみればいいのではないかと思いますが、iPhoneを最新バージョンのiOSにアップデートしてみる方法があります。

この方法は時間がかかるのと、一度アップデートしてしまうとアップデート前のバージョンに戻せないなどの注意点があります。

 

売らずに持っておいた初代iPhoneSEが大活躍

f:id:nabeyasukun:20200327235425j:plain

今回のようにiPhoneが使えなくなってしまうと、一時的とはいえ生活に支障をきたします。

日常においてiPhoneやスマホに対する依存度が高いこともあり、中古スマホなどを購入し予備スマホを持っていないと不便な生活を強いられてしまいます。

そこで活躍したのが、今回使えなくなってしまったiPhoneの前に使っていた初代iPhoneSEです。

新型iPhoneSEに使い慣れてしまっていたため、クオリティー面での不満はあったものの、全くiPhoneが使えない期間があるよりは遥かにマシでした。

携帯キャリアの端末保証サービスでは、今回のような事態が起きたときに予備スマホのような活躍はできなかったでしょう。

AppleCare+にiPhoneエクスプレス交換サービスがありますが、それでも当日対応はまず無理です。

そう考えると、やはり予備スマホは今の時代持っておくことに越したことはありません。

 

エクスプレス交換サービスとは?

エクスプレス交換サービスは AppleCare+ の特典の一つで、新品または新品同様の製品 (これを "交換機" といいます) を宅配便でいち早くお届けし、その場で損傷や不具合のある製品と交換させていただく便利なサービスです。Apple 指定の配送業者がお客様の iPhone をお引き取りにうかがいますので、交換機と引き換えに、損傷や不具合のある iPhone を配達員にお渡しください。

引用元:iPhone エクスプレス交換サービス - Apple サポート 公式サイト

 

www.nabeyasu-blog.com

 

www.nabeyasu-blog.com

 

最後に

f:id:nabeyasukun:20210605002554j:plain

今回、中古のiPhoneSEが赤ロムが原因で使えなくなるという、まさかのトラブルに遭遇しましたが、購入先のゲオオンラインストアのサポート体制によりストレスなく問題解決をすることができました。

中古スマホにはこのようなトラブルもありますので、購入先のサポート体制や保証制度は重要であると改めて考えさせられました。

少なくとも保証体制がないフリマサイトなど個人売買での購入は、端末代金が完済されているものでもない限りおすすめできません。

それと同時に、日常生活において必須アイテムとなっているスマホに故障や不具合が発生した場合のバックアップ体制も、自身で備えておかなければいけないと改めて痛感しました。

それには、予備スマホの存在が必要不可欠であり、そのために中古スマホを活用するのも有効な手段であると実感しました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

あわせて読みたい

www.nabeyasu-blog.com

www.nabeyasu-blog.com