なべやすブログ

恐竜好きな2児のオヤジの雑記ブログ

ブログを引っ越してみてわかったライブドアブログとはてなブログのいいところ

f:id:nabeyasukun:20200531100736j:plain

おはようございます、なべやすです。

ライブドアブログからはてなブログに移行して3記事目となります。

はてなブログに引っ越しをしてからライブドアブログ時代の過去記事をはてなブログ用に修正しており、なかなか新記事へと手が進まず、ようやく今記事ではてなブログ3記事目となりました。

ライブドアブログ時代の過去記事修正やはてなブログで新記事を更新している内にライブドアブログはてなブログそれぞれの良さが見えてきました。

はてなブログに移行する前は、ライブドアブログよりもはてなブログの方が大半の部分で勝っているかと勝手に思っておりましたが、意外とそうとも限りませんでした。

 

 

はてなブログには無くてライブドアブログにある便利機能

f:id:nabeyasukun:20200502175704p:plain

一つ戻るボタン

ワードやエクセルなどにはもちろん、メールソフトなどにもよく付いている一つ戻るボタンですが、ライブドアブログにも当然のように付いていて為、何とも思っておりませんでしたが、はてなブログには付いていない機能です。

一つ戻るボタンはスタンダード過ぎる機能なので、無いことの違和感と不便さはブログ記事を作成する度に感じております。

 

文字列の「左揃え」「右揃え」「中央揃え」

この機能も一つ戻るボタンと同じくワードやエクセルなどには当然のように付いている機能の一つで、もちろんライブドアブログにもありましたが、残念なことにはてなブログには付いておりませんでした。

左揃えで文章を書くブログにとっては出番こそ少ないものの、標準として備えていてほしい機能です。

 

文字列にマーカーを引く

文章の強調したい箇所に使うときに便利なマーカー機能。

太字機能に次いで使いたくなる機能です。

はてなブログにはマーカー機能が無いため、使いたいときにはHTMLを編集しないと使うことができません。

太字機能と合わせて使うと、強調したい文字列をより際立たせることができるので、はてなブログでも手軽に使えるようになってほしいものです。

 

アクセス解析

厳密に言うとはてなブログにもアクセス解析機能はあるのですが、ライブドアブログアクセス解析がかなり使えるアクセス解析なので、あえて挙げててみました。

3ヶ月分のデータだけですが、Googleアナリティクスを使わなくても日常のアクセスチェックであればライブドアブログアクセス解析を見れば十分どころか、むしろ見やすい上にわかりやすくできております。

はてなブログアクセス解析機能もライブドアブログアクセス解析機能のように進化して欲しいものです。

 

ライブドアブログに無くてはてなブログにある便利機能

 

目次機能

はてなブログには標準で目次機能があり、ブログ記事に目次をつけるのがとても簡単です。

ライブドアブログのときも私は目次を付けておりましたが、あくまでもネットで探し当てたカスタム方法でしたのでライブドアブログ標準の機能ではなく、使い勝手もはてなブログ標準の目次機能と比べると劣るものでした。

はてなブログに移行してから目次を付けるのをとても快適に行えてます。

 

見出し付け

f:id:nabeyasukun:20200502175651p:plain

厳密に言うとh2〜h4までの見出し付け機能はライブドアブログにもありましたが、なぜかスマホアプリだけに装備されている機能であって、PCからの記事編集だとHTML編集にて行わなければなりませんでした。

スマホアプリを使えば簡単に見出し付けができるとはいえ、それはそれで「なぜスマホアプリだけ?」と思わせる中途半端な使い勝手でした。

はてなブログは、PCとスマホアプリのどちらからでも同じように見出し付けができる上、目次機能ともしっかりリンクしてくれるのでとても使いやすいです。

 

過去記事の貼り付け(内部リンク)

ブログ作成おいてとても重要な内部リンクの構築。

それだけに過去記事などの内部リンクを貼り付ける機能は、ブログ作成に必要不可欠なものでライブドアブログにも付いていたのですが、はてなブログの内部リンク機能は使いやすさが際立っております。

また、過去記事の貼り付けもブログカード形式やテキスト形式、URL形式を選択できるので、内部リンクを貼り付ける位置などによりパターンを選べるので便利です。

はてなブログの内部リンク機能はライブドアブログの内部リンク機能の一歩も二歩も上を行っており、とても使いやすいです。

 

固定ページ

有料版のはてなブログPro限定の機能ですが、固定ページを作成することができます。

この機能を使うことにより、あいさつ文やプライバシーポリシーおよび免責事項、お問い合わせページなどを投稿ページとは別に作成することができます。

私がライブドアブログを使用していた時に「あったらいいな~」と思っていた機能なので、はてなブログに移行してから固定ページを作ることができるようになり大変満足しております。

 

文字数カウンター

SEOに関係するのかはさておき、ブログを書く上で文字数は少なからず意識することの一つです。

私も記事を書く際には、最低でも2,000文字近くの文章を作るように心がけております。

今までもGoogleのブラウザであるChrome拡張機能を使ってブログ記事の文字数カウントをしておりましたが、はてなブログに移行してからは、はてなブログの標準機能として文字数カウンターが付いているので、とても重宝しています。

はてなブログの文字数カウンターはPC版限定の機能ですが、常に文字数を確認できるので便利です。

 

www.nabeyasu-blog.com

 

スマホアプリはライブドアブログの方が使いやすい!


f:id:nabeyasukun:20200502162419j:image

ブログはPCからだけなくスマホアプリからでもライティングや編集ができます。

もちろん、はてなブログライブドアブログにも公式アプリがあり、いつでもどこでもブログ記事を書いたり更新したりすることができるようになっております。

ただし、アプリの使い勝手の良さにははてなブログライブドアブログで違いがあり、両方を使ってみた立場からアプリに関してはライブドアブログの方が便利です。

ライブドアブログのアプリはライブドアブログPC版と比べても使える機能にほとんど差がないどころか、h2~h4などの見出しはアプリからしかダイレクトに付けることができず、PC版の場合は見出しをHTML編集でしかできない仕様となっております。

画像管理からブログ記事の編集はもちろんのこと、HTML編集までスマホアプリでできてしまうライブドアブログアプリはブログ管理を場所を問わずできてしまう優れものです。

一方、はてなブログのアプリはPC版と比べて機能の制限があり、ライブドアブログのようにスマホアプリだけでブログを管理していくことはできません。

なので、はてなブログアプリで文章入力をし、PC版で編集するのが使い方としてはいいように思えます。

 

はてなブログはカスタマイズが楽チン!

ブログを続けていると一度は踏み入れてしまうカスタマイズの世界。

ブログ全体の雰囲気を変えることができるのでオリジナリティも向上し、ハマりだすと切がなくブログ更新そっちのけになってしまう危険性すらあります。

本来、ブログのカスタマイズはそれなりの専門知識が必要ですが、メジャーなブログサービスともなればHTMLやCSSの編集を簡単コピペできるようにネット公開されているのをよく見かけます。

はてなブログライブドアブログと比べカスタマイズの情報も多く、ブログのカスタマイズに関しては優位と言えます。

また、はてなブログのテーマ(デザインテンプレート)には、レスポンシブデザインに対応しているテーマもある為、それらのテーマを使えばPCとスマホのブログデザインが一緒になり、ブログの管理がグンと楽になります。

この点はライブドアブログにはない、はてなブログユーザーの特典と言えるでしょう。

 

www.nabeyasu-blog.com

 

 まとめ

f:id:nabeyasukun:20200327235414j:plain

ブログの引っ越しをしてみて、はてなブログライブドアブログそれぞれによさがあることがわかりました。

個人的には、2つのブログサービスの機能が合体すれば申し分ないところですが、それは当然無理なことなので、今後、はてなブログに機能が追加されていくことを期待したいと思います。

 

あくまでも私の主観ですが、ライブドアブログはてなブログは以下のような特徴があるブログサービスだと思います。

 

結局、どちらも使い勝手のいいブログサービスであることがわかりましたが、とにかく「記事を書ければ」とか、「文章入力がしやすければ」といった点を重要視するのであればライブドアブログの方が向いているでしょう。

日記感覚でブログを書くのであれば、ライブドアブログが適しているブログサービスだと思います。

 

一方、はてなブログはカスタマイズ性に優れているので、ブログにオリジナリティを出したい人やデザイン性を求める人に向いているブログサービスです。

私は今回のブログ移行により、はてなブログProを1年契約したので、また1年後にはてなブログを再評価してみることにします。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

www.nabeyasu-blog.com

 

www.nabeyasu-blog.com