なべやすブログ

恐竜好きな2児のオヤジの雑記ブログ

フリーソフトThunderbirdで迷惑メールの振り分け設定をする方法【基本編】

スポンサーリンク

おはようございます、なべやすです。

GmailやYahooメールのようなWEBメールが主流になってから、Outlookのようなインストールタイプのメールソフトを使う人も少なくなったのではないでしょうか。

私は、仕事とプライベートのどちらでも、インストールタイプのメールソフトを使っていますが、WEBメールにはないほどの迷惑メールが、毎日どっさり送られてきます。

特に公開している仕事用のアドレスには、毎日たくさんの迷惑メールが届くため、迷惑メール設定にて対処しております。

プライベートではプロバイダーメールを使っているのですが、そのアドレスにも迷惑メールがどっさり送られてきます。

使っているメールソフトは、インストールタイプのThunderbirdです。

Thunderbirdはフリーソフトでありながら、便利な機能を兼ねそろえているメールソフトで、もちろん迷惑メール機能も搭載されております。

Thunderbirdでも迷惑メール設定をしておりますが、思ったように振り分けられない場合もあるので注意が必要です。

そのようなときは、迷惑メール設定をよく確認しましょう。

当記事では、インストールタイプのメールソフトThunderbirdの迷惑メール設定について、振り分け方法を含め基本的な使い方を紹介しております。

 

このような人におすすめ
  • Thunderbirdを使っている人
  • 大量に届く迷惑メールの管理に困っている人
  • 迷惑メールを自動で管理したい人

 

 

フリーソフト Mozilla Thunderbird

Mozilla Thunderbirdは無料で利用できる、インストール型のメールソフトです。

設定も簡単で使いやすく、アドオン (拡張機能とテーマ) を使用してカスタマイズすることも可能です。

メール振り分け機能はもちろんのこと、迷惑メール対策も可能で、迷惑メールが専用フォルダに自動的に振り分けられる機能もあります。

ビジネスとプライベートのどちらでも使えるほどの機能が搭載されていて、とても便利なメールソフトです。

 

公式サイトからインストーラーをダウンロードすることができます。

Thunderbird — メールを簡単に。 — Thunderbird

 

迷惑メール設定の方法

Thunderbirdの迷惑メール設定は、主に以下2つの手順を行います。

 

  • 迷惑メールの学習フィルタを有効にする
  • 迷惑メールの移動先を設定する

 

STEP
アカウント設定画面を開く

右上のメニューから【アカウント設定】を選択します。

 
STEP
迷惑メールの学習フィルタを有効にする

アカウント設定画面の左側にあるメニューから【迷惑メール】を選ぶと迷惑メールフィルターの設定画面に切り替わるので、選別の箇所にある「このアカウントで迷惑メールの学習フィルタを有効にする」のチェックボックスにチェックを入れる。

個人用アドレス帳にチェックを入れると、アドレス帳に登録されている人からのメールが迷惑メールと認識されないようになります。

 
STEP
迷惑メールの移動先と保存期間

迷惑メールフィルターの設定画面の下部に、迷惑メールの移動先と保存期間を設定する項目があります。

「迷惑メールと判断された受信メッセージを次のフォルダに移動する」のチェックボックスにチェックを入れ、移動先のフォルダーを指定します。

フォルダ内の迷惑メールは、保存期間を指定して自動的に削除することができます。

 

迷惑メールフォルダが見あたらない場合

迷惑メールの移動先が設定されていないことが原因で、迷惑メールフォルダが自動的に作成されない場合があります。
STEP3の設定もれがないようにチェックが必要です。

 
STEP
共通の迷惑メール設定

迷惑メールフィルターの設定画面の右下に、【共通の迷惑メール設定】があるのでクリックします。

 

画面中央部にある迷惑メールの箇所から「迷惑メールと手動でマークしたときに次の処理を実行する」のチェックボックスにチェックを入れ、「迷惑メールフォルダーへ移動する」または「メッセージを削除する」のいずれかを指定します。

 

Point

迷惑メールを手動でマークしたときの処理は、誤って非迷惑メールをチェックしてしまったときのことを考えて「迷惑メールフォルダーへ移動する」を選択しておくといいでしょう。

 
STEP
迷惑メール設定の完了

Thunderbirdの基本的な迷惑メールの設定は完了です。

自動的に迷惑メールの判断がされるようになります。

 

 

Check
  • 迷惑メールフォルダが見あたらない
  • 迷惑メールが振り分けされない

上記のような場合は、ほとんどの原因が設定によるものです。

設定に誤りや漏れがないか、再チェックすると問題解決につながります。

 

Thunderbirdに迷惑メールを学習させる

迷惑メールイメージ

迷惑メールの設定が完了したら自動的に迷惑メールの判断がされるようになりますが、完璧ではありません。

少量ではあるものの、判断もれが見受けられる場合があります。

その場合は、送られてきたメールが迷惑メールなのかを、手動でThunderbirdに学習させなければなりません。

 

手動でThunderbirdに学習させる方法

手動でThunderbirdに学習させる方法は、以下の画像にある赤マルの箇所(「迷惑メールアイコン」または「迷惑マークを付ける」のいずれか)をクリックするだけです。

このことを繰り返し続けていくことにより、迷惑メールであることを学習していきます。

 

共通の迷惑メール設定で「迷惑メールと手動でマークしたときに次の処理を実行する」のチェックボックスに チェックを入れ、「迷惑メールフォルダーへ移動する」を指定している場合は、【迷惑マークを付ける】をクリックすると迷惑メールフォルダへ移動(削除を指定した場合は削除)します。

 

迷惑メールから除外する方法

迷惑メールフィルターが非迷惑メールを誤って、迷惑メールと判断してしまうことがあります。

そのようなときは、対象のメールを迷惑メールから除外しなければなりません。

そのままにしておくと、必要なメールを見落としてしまう可能性があるので、ときどき迷惑メールフォルダの中をチェックします。

迷惑メールから除外する方法は簡単で、「迷惑メールアイコン」または「非迷惑メール」のいずれかをクリックするだけです。

 

迷惑メールを削除する方法

自動的に迷惑メールの振り分けがされるようになると、迷惑メールフォルダ内はすぐ一杯になってしまいます。

必要により、迷惑メールを自分で削除しなければなりません。

Thunderbirdでは、以下の方法を使ってフォルダ内の迷惑メールを一括削除することができます。

 

STEP
迷惑メールフォルダを選択

迷惑メールフォルダを選択し、メニューから【ツール】を選択します。

 
STEP
迷惑メール削除の指示

【迷惑メールとマークされたメールを削除】を選択すると迷惑メールが一括して削除(ごみ箱へ移動)されます。

 

memo

別のフォルダでこの削除方法を行った場合、一括削除されたメールは迷惑メールフォルダに移動します。

 
STEP
一括削除完了

ごみ箱の上で右クリックをして、【ごみ箱を空にする】をクリックすれば完全に削除されます。

 

 

迷惑メールフォルダの上で右クリックをして【迷惑メールフォルダを空にする】をクリックすると、ごみ箱を経由せずダイレクトに削除されます。
迷惑メールフォルダ内を確認して非迷惑メールがないことを確認した場合は、こちらの削除(迷惑メールフォルダを空にする)を使います。

 

添付ファイルが開けない!

www.nabeyasu-blog.com

 

基本的な迷惑メール対策が大切

メールソフトで迷惑メール対策をしていても、それだけでは万全と言えませ。

少なからず、迷惑メールフィルターを通り抜けて迷惑メールを受信してしまうことがありますので、注意が必要です。

日頃から以下の点に注意しましょう。

 

注意
  • フィッシング詐欺(サイトに誘導してIDやパスワードなどを入力させて盗み取る)に注意!
  • 送られてきたメール経由でサイトにログインせず、公式サイト経由でログインする
  • 原則、添付ファイルは開かない
  • セキュリティソフトを導入する

 

最後に

大量に送られてくる迷惑メールの管理は、自動振り分け機能を使わないと大変です。

メールソフトの振り分け機能を有効活用すれば、リスクのある迷惑メールを自動で回避することができます。

フリーソフトのThunderbirdであれば、迷惑メールの自動振り分け設定も簡単にできるのでおすすめです。

当記事で紹介した内容は、初期設定の段階で設定されているものも多いですが、うまく機能していない(迷惑メールが振り分けられないなど)場合は見直してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

注意

くれぐれも、フィッシング詐欺メールや発信元が不明のメールには注意しましょう。

 

あわせて読みたい

www.nabeyasu-blog.com