なべやすブログ

恐竜好きな2児のオヤジの雑記ブログ

楽天ペイはキャッシュレス生活の新たなアイテムとなるか?

おはようございます、なべやすです。

日本も国が推進する程のキャッシュレス化が本格的にスタートしました。

 

銀行振込やクレジットカード決済などもキャッシュレス決済の一つと考えると、実は随分と昔からキャッシュレス化は始まっていることになります。

 

そして日本のキャッシュレス化は、スマホアプリを活用することにより、 その普及に拍車をかけております。

 

中でも空前の大ブームを巻き起こして)いるのが、スマホアプリを使ってキャッシュレス決済を行う○○ペイです。

 

大手ショッピングサイトを運営している企業(ヤフー、楽天など)をはじめ、金融機関など、様々な企業が○○ペイに参入してきております。

 

もはや日本はキャッシュレス戦国時代に突入していると言った状況です。
 
 

 

経済産業省が推進する日本のキャッシュレス化

日本のキャッシュレス化に至っては行政も推進しており、今年4月には経済産業省がキャッシュレス・ビジョンを策定したことを発表しました。

その内容を見てみると、今後の取組みとして大阪・関西万博(2025年)に向けて、「支払い方改革宣言」として「未来投資戦略 2017」で設定したキャッシュレス決済比率40%の目標を前倒しし、高いキャッシュレス決済比率の実現を宣言する。さらに将来的には、世界最高水準の80%を目指していくとされております。

日本のキャッシュレス決済比率は世界的に見ても低く18.4%(2015年)となっております。因みにトップは韓国の89.1%で我が国とは随分大きな開きがあります。
それを2025年迄に約2倍の決済比率を目指し、将来的には現状の約4倍を目指すことになります。

また、経済産業省はキャッシュレス化の推進にあたって、以下の様なことが期待できるとされております。

キャッシュレスの推進は、消費者にとっては多額の現金を持たずに買い物が可能になることや、紛失等のリスクが現金に比べて軽減されること、事業者にとっては現金管理コストの削減による生産性向上など、様々なメリットが期待されます。
(引用元:経済産業省HP)

そもそもキャッシュレスとはどのようなことを言うのでしょうか。

ネットで検索してみると下記のように書かれております。

現金ではなく、小切手・口座振替・クレジットカードなどを利用して支払いや受け取りを行うこと。
(引用元:コトバンク

この中には記載ありませんが、最も早く世に普及し定着したキャッシュレス化といえば、振込ではないでしょうか。クレジットカードも半世紀以上の歴史があり、小切手も登場した時代は早いと思いますが、日常生活に定着したのは振込です。

私も20年以上と長いことサラリーマン生活を送っておりますが、社会人になった時には既に給与やボーナスの受け取りは現金ではなく振込となっておりました。

つまりキャッシュレスという言葉がポピュラーになる以前から既にキャッシュレス化は始まっていて、尚且つ世の中に浸透し、しかも大半の人が利用していたということになります。


空前の大ブームを巻き起こしている○○ペイ!

当ブログ記事の冒頭にも記載しましたが、国が推進する程のキャッシュレス化と相まって空前の大ブームを巻き起こしている○○ペイ。

 

それまでの携帯電話(ガラケー)に代わり爆発的な普及を遂げたスマホのアプリを使い決済をします。

 

今、名だたる企業をはじめ多くの企業等が、このスマホ決済に参入してきております。

 

私が知っている範囲でざっと上げただけでも、「PayPay、LINEPay、楽天ペイ、origamiPay、ApplePay、GooglePay、メルペイ」などがあります。

 

数ある○○ペイの中から私がとりあえず選んでみたのは楽天ペイです。

 

先日、約10年ぶりにクレジットカードの新規加入契約したカードが楽天カードだったこともあり、楽天ペイであればポイントなどの面でも何かと優遇されるのではと思い、数ある○○ペイの中から楽天ペイを選択しました。

 

楽天ペイの特長と魅力

f:id:nabeyasukun:20200327234857p:plain


楽天ペイは、お店やネットショッピングでの支払いを、クレジットカードを使わず(提示せず)に行うことができるシステムです。

 

通常、クレジットカードで決済をすること自体がキャッシュレス決済なのですが、楽天ペイでの決済はクレジットカード+αと言った感じのイメージです。

 

楽天ペイなどのキャッシュレス決済ツールの特長として、スマホのアプリ(楽天ペイアプリ)があります。

 

従来からある「楽天EdynanacoQUICPayなど」のおサイフケータイとは少し違った使い方で、お店での支払いの際にアプリを開き表示したバーコードやQRコードを読み取ってもらい決済したり、また、その反対でお店側のQRコード読み取りして決済したりといった、おサイフケータイで行うタッチすることによる接触型の決済とは違った方法となります。

 

楽天ペイの他にもPayPay、LINEPay、OrigamiPayなどが、このバーコードやQRコードを用いての決済方法です。
 
この決済方法のいいところは、 対象のアプリをインストールすることができるスマホであれば、どんなスマホでもこのサービス利用できるところです。
 
その反面、おサイフケータイのサービスを利用する場合、対応しているスマホ端末を用意する必要があります。

 

一般的におサイフケータイ対応端末は、非対応端末と比べて端末代金が高いことが殆んどです。

 

コストの面を考えると、この点はデメリットとなってしまいます。

 

なので、楽天ペイアプリなどのコード決済式は、キャッシュレスサービスを使い始める為のハードルがおサイフケータイと比べて「グッ!」と下がります。

 

このエントリーのし安さは魅力です!

 

では、おサイフケータイと比べて楽天ペイなどのコード決済型サービスは、デメリットがないのでしょうか?

 

現状、楽天ペイなどのコード決済型サービスは、キャッシュレス化の推進と共に拡大してきた新しいサービスの為、従来からあるおサイフケータイサービスと比べて利用できるお店がまだまだ少ないです。

f:id:nabeyasukun:20200328000224p:plain

 
コンビニでも利用できたりする点は便利ですが、おサイフケータイの場合、様々なお店での利用はもちろんのこと、飲料(ジュースなど)の自動販売機でも使えたりするほど日本では普及してきております。
 
楽天ペイを含めた○○ペイも急速に利用店舗が増えてきいるようですが、まだこの点に関しては今後の課題でもあり期待したいところです。
 
 

これは安全!楽天IDとパスワードでネットショッピングができる!

f:id:nabeyasukun:20200327235414j:plain


楽天ペイには、アプリを使っての決済以外に、インターネットショッピングにおいての決済にも活用できます。
 
 
楽天ペイ公式サイトではネットショッピングでの利用について以下の記載があります。
f:id:nabeyasukun:20200327235043p:plain
 
私は楽天ペイを主にスマホアプリでの利用を目的として使い始めることにしましたが、ネットショッピングでの利用方法を知った際に「これはいい!」と思いました。

何がいいのかと言うと、楽天IDに登録したクレジットカード情報で楽天以外のオンラインサイトでも決済(支払い)ができる点です。

楽天ペイが使えるオンラインサイトであれば、ショッピングの際にクレジットカード情報を入力しなくても!楽天IDとパスワードの入力で決済が完了します。

このことによるメリットは、なんと言ってもクレジットカード情報や個人情報をショップなどに知らせることなく決済ができる点です。

ただでさえネットショッピングにおいては、セキュリティの面も含めて不安な要素がついてきます。

特にクレジットカードの番号やセキュリティコードを入力することに関しては、ネットショッピングで決済をする際に殆んど言っていいほど必要となりますので、数多くのショップを利用する際にはこれらのカード情報を入力する手間だけでなく、セキュリティ面を考えると個人的には少し抵抗を感じます。
 
これはお店でクレジットカード決済をする際にも同様のことが言えると思います。
 
便利なネットショッピングの世界では、「クレジットカード番号、カードの有効期限、カード名義人、セキュリティコード」の情報があれば大半のショッピングサイトで決済ができます。
 
その重要なクレジットカード情報を第三者に知られる可能性があることは、少なからずリスクが伴います。
 
しかし、楽天ペイを使うことにより、これらは解消されることになります。
 
まだまだネットショッピングサイトで楽天ペイに対応しているサイトは少なく感じますが、今後、対応可能なサイトが拡大して行くことに期待したいところです。

 

ポイント高還元率!楽天カードを登録している場合は200円で3ポイント付く!

f:id:nabeyasukun:20200328000249p:plain


実際に楽天ペイのコード決済をコンビニのミニストップで利用してみました。
レジで支払いの際に「楽天ペイで」と言うとバーコードをリーダーで読み取ってくれます。

たったのこれだけで決済(支払い)は完了します。

すると直ぐにスマホの画面に金額等の情報が出てきて決済が完了します。

その場で獲得ポイントの確認もできて便利です。

気になる楽天ペイのポイントですが、楽天ペイの利用200円につき1ポイントと楽天カード利用100円につき1ポイントの楽天ポイントが付くので、クレジットカードの登録が楽天カードの場合は200円で3ポイント付きます。

ポイント2重取りとなり還元率はかなりお得です。

利用履歴も簡単に確認ができますので、ご利用内容の詳細やご利用状況が把握できて何かと便利です。

またメールでも楽天ペイアプリご利用案内確認メール」が直ぐ送信されてきて、購入した商品名を除いたご利用内容の詳細が確認できます。
 
これらは安全なキャッシュレス生活を送る為に、とても重要なことだと思います。

流石にタッチするだけで支払いが完了するおサイフケータイの便利さには一歩引けを取りますが、おサイフケータイ対応端末でなくてもスマホで買い物をすることができる楽天ペイアプリは手軽かつ便利ではないでしょうか。

また、楽天ペイはクレジットカードと紐付けされているので、チャージ式の電子マネーの様な手間も省けて非常に使いやすいです。

この点は、ポストペイ式のAMEX QUICPayを便利使いしていた私にとって、同様の感覚で使うことができるので使い勝手の面でもポイント高いです。

楽天ペイはキャッシュレス生活の新たなアイテムとして、十分なスペックを兼ね揃えている感じが現段階で既にします。

何度も申しますが、国が推進するキャッシュレス化と相まって空前の大ブームを巻き起こしている○○ペイ!
 
今、名だたる企業をはじめ多くの企業等が、このスマホ決済に参入してきておりますが、もしかしたら将来的にその中で淘汰されていく企業等も出てくるかもしれません。

私は楽天ペイがAMEXQUICPayの様にサービス終了とならないことだけを祈ります。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
楽天ペイは期間限定ポイントも使える