なべやすブログ

恐竜好きな2児のオヤジの雑記ブログ

メガ恐竜展2017へ行ってみよう!みどころはヨーロッパ最大のトゥリアサウルス

 f:id:nabeyasukun:20200328000943p:plain


おはようございます、なべやすです。

夏休みの我が家の定番となっている恐竜展が今年も開催されております。

今年は関東で7月15日(土)から開催されており、また、関西でも7月25日(火)から開催予定となっております。

以前、ブログにも書きましたが、関東では幕張メッセで開催されている「ギガ恐竜展2017」とパシフィコ横浜で開催されている「ヨコハマ恐竜展2017」の2会場でそれぞれ別の主催で開催されます。

 

www.nabeyasu-blog.com

 

 

 

 

2015年幕張で開催されたメガ恐竜展が今年は大阪で開催!

そして関西では、7月25日(火)から大阪南港ATCホールで「メガ恐竜展2017」が開催予定となっております。

こちらの「メガ恐竜展2017」は、2015年に幕張メッセで開催された恐竜展と同じもののようです。

もちろん我が家も、幕張メッセで開催された時に行ってきました。

「メガ恐竜展2017」のみどころは、全長30メートルを超えるヨーロッパ最大の恐竜のトゥリアサウルスです。

トゥリアサウルス《トゥリア(スペインの地名)のトカゲ》

ヨーロッパの恐竜では最大です。
化石はほぼ完全な前あしを含め、骨格の一部と、頭の骨、歯などが見つかっています。

生きていた時代:ジュラ紀末期~白亜紀前期
化石が見つかった場所:スペイン、ポルトガル

※引用元:小学館の図鑑NEO[新版]恐竜

巨大恐竜となると今回、幕張メッセで開催されている「ギガ恐竜展2017」で見ることができる竜脚類ルヤンゴサウルスもそうですが、やはり首長竜がメインとなってきます。

そして「メガ恐竜展2017」では、その恐竜の巨大化の謎にもせまっております。

以前、ブログにも書きましたが、恐竜の魅力は何といっても、あのケタ外れの大きさです。

現在、地球上に生息する生き物の中では例のない大きさ。

恐竜は全てが規格外です!

そんな巨大な生き物が太古の地球に実在し、地響きをたてながら歩いていたかと思うと、何だか夢のようでもあり不思議でたまりません。

巨大な恐竜化石を下から見上げると、私はいつもそう思います。

それとあの戦闘に適した容姿です。

それは肉食恐竜だけではなく、草食恐竜にもそれらが伺えます。

厳しい生存競争と環境の中で生きていく上で進化していったものではないかと思うのですが、何ともカッコイイ姿です。
 
 

「メガ恐竜展2017」開催概要

下記は「メガ恐竜展2017」の簡単な概要ですが参考にしてみてください。

開催概要

会期

2017年7月25日(火)~9月3日(日)※休館日なし

開館時間

9:30~16:30(最終入場は16:00まで)

会場

大阪南港ATCホール
〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北2丁目1−10


入場料

・前売券
 一般    1,300円
 3歳~中学生  700円

・当日券
 一般               1,600円
 3歳~中学生      900円

※特典付き前売券と特別前売券は既に完売したようです。
 
 

ヨーロッパ最大の恐竜トゥリアサウルスを見に行こう!

私は過去10年以上に渡って恐竜展には何度も行っておりますが、展示会自体も年々進化しているように思えます。

2015年に幕張メッセで開催された時に行った「メガ恐竜展」もそうでした。

以前はあまり見かけなかった恐竜ロボットも随分と見かけるようになったり、CG技術の進歩でリアルな恐竜シアターなども多用されるようになったりと、化石や骨格標本を見ているだけの恐竜展や恐竜博物館ではなくなってきております。

恐竜展は夏休みの定番イベントとして、今後も更に進化していくことでしょう。

また、日本全国、少しでも多くの地域で恐竜展が開催されることにも期待したいところです。

子どもだけでなく、一緒に来ている大人も楽しめる恐竜展!

関西地域の人は、ぜひ、「メガ恐竜展2017」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

ヨーロッパ最大の恐竜トゥリアサウルスを見に行こう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。