なべやすブログ

恐竜好きな2児のオヤジの雑記ブログ

【簡単!】Googleアドセンス広告の貼り方(はてなブログ編)

スポンサーリンク

f:id:nabeyasukun:20201027003749j:plain

おはようございます、なべやすです。

ブログの収益化をする為の手段として人気の高いGoogleアドセンス。

私も長いこと検案だったGoogleアドセンスに、先日、無事合格することができました。

そして、Googleアドセンスに合格したことにより、ようやく当ブログも収益化がスタートしたことになります。

先ず、やらなければならないことは、当然ながらブログに自分自身で広告を貼らなければなりません。

ブログに広告を貼ってからこそ、ブログ収益化の本格スタートになります。

当ブログは、はてなブログで運営しておりますので、この記事では、はてなブログ内へのアドセンス広告の貼り方を簡単にまとめてあります。

 

 

Googleアドセンス広告の種類

Googleアドセンスに合格すると管理画面から広告を作ることができるようになります。

Googleアドセンス広告の貼り方は、大まかに分けると【サイトごと】か【広告ユニットごと】かの何れかになります。

サイトごと=広告掲載の自動化

サイトにコードを 1 つ追加するだけで、ページ内の広告掲載に適した場所を Googleがもれなく検出し、自動的に広告を表示します。

【サイトごと】を選択すれば広告を自分で貼る手間はありませんので、どの位置にどんなサイズの広告を貼ればいいのか考えずに済みます。

広告の貼り方などを調べなくてもできてしまうほど簡単なので、広告を直ぐに貼りたい場合は【サイトごと】を選んで広告掲載の自動化(自動広告)をするといいでしょう。

広告ユニット=新しい広告ユニットの作成

広告の種類は、ディスプレイ広告・インフォード広告・記事内広告の3つから選び自分自身で作成します。

  1. ディスプレイ広告→どこにでも表示できるよう設計された、万能で実用的な広告です。
  2. インフォード広告→サイトのデザインに合わせてカスタマイズできる広告で、投稿とリスティングの間に表示されます。
  3. 記事内広告→サイトに合わせてカスタマイズできる広告で、記事やコンテンツのページに表示されます。

【広告ユニットごと】は、ブログ内に貼る広告の位置やデザイン・サイズまでを自分自身で行います。

ブログサイトに合わせてカスタマイズが可能なので、自分好みのデザインや大きさの広告を貼ることができます。

その分、手間と時間がかかりますが、ブログデザインに大きなこだわりを持っている人には、この貼り方が向いていると言えます。

 

Googleアドセンス広告の貼り方(はてなブログ編)

アドセンス広告の貼り方は簡単です。

Googleアドセンスにログインして左側のメニューから【広告】→【サマリー】へと進みます。

自動広告の貼り方

広告を自動的に掲載したい場合は、【サイトごと】のタブをクリックします。(サマリーのデフォルト画面です。)

f:id:nabeyasukun:20201024182507p:plain

 

この画面で【コードを取得】をクリックし、表示されたAdSenseコードをコピーします。

f:id:nabeyasukun:20201024182437p:plain

 

コピーしたAdSenseコードをはてなブログの【ダッシュボード】→【設定】→【詳細設定】内にある、headに要素を追加に貼り付けます。

f:id:nabeyasukun:20201024183530p:plain

再びGoogleアドセンスの【サマリー】へ戻り、画面右下にあるペンマーク(編集)をクリックして、自動広告の設定をはじめます。

自動広告の設定は、主に広告のフォーマットと広告読み込みの2つです。

先ずは、自動広告のボタンを右側にスライドして、広告のフォーマットを以下の中から決めていきます。

  • ページ内広告:ページのコンテンツのメイン部分に表示される広告です。
  • 関連コンテンツ:関連コンテンツを宣伝するツールで、収益の拡大とユーザー エンゲージメントの促進を図ることができます。
  • アンカー広告:画面の端に固定される広告で、ユーザーが簡単に閉じることができます。
  • モバイル全画面広告:サイトのページを読み込んでいる間に全画面表示される広告です
  • 幅の広い画面:パソコンなど 1,000 ピクセル以上の画面に表示される広告です。
引用元:Googleアドセンス

次に広告読み込みでは、ページ内に表示する広告の数を管理できます。

この機能を使うことにより、自動化による広告数の貼り過ぎを抑えることができます。

使い方は簡単で、スライダーの最小~上限の間でスライドすると、ページ内の自動広告数を調整できます。

実際の広告位置もプレビュー画面で確認できますので、イメージを確認しながら自動広告の設定ができます。

広告ユニットの貼り方

広告を自分好みで貼り付けたい人は【広告ユニットごと】をクリックし、新しい広告ユニットの作成をはじめます。

f:id:nabeyasukun:20201024224004p:plain

広告の種類は、「ディスプレイ広告・インフォード広告・記事内広告」の3つから選ぶことができますが、アドセンスの画面ではディスプレイ広告が推奨となっております。

先ずはディスプレイ広告と記事内広告を使えば十分ではないかと思います。

当記事では、ディスプレイ広告を使っての貼り方を記載しております。

使い方は簡単で広告の種類を選択し、広告サイズをレスポンシブか固定のいずれかを選択するだけです。

広告サイズはレスポンシブの方が管理が楽そうなので、迷わずレスポンシブを選びました。

f:id:nabeyasukun:20201024224102p:plain

この時点で広告ユニットの名前を入力できるので、後ほど管理しやすいように名前を決めます。

私の場合は、記事上・記事下・サイドバーと言った広告の貼る位置を広告ユニットの名前に入力しました。(今回は記事内広告は貼りませんでした。)

広告位置別に広告ユニットを作成しておけば、後ほどレポートで位置別のクリック数などを管理できるようになり、ブログ内での有効な広告位置の分析にも役立てることができます。

f:id:nabeyasukun:20201024224138p:plain

広告ユニットを作成したら既存の広告ユニットに配置されますので、〈〉をクリックしてコードの取得をします。

するとHTMLコードが表示されるので、そのコードをコピーしてブログに貼り付けます。

はてなブログの場合は、【ダッシュボード】→【デザイン】→【スパナマーク】へと進みます。

次に【記事】をクリックして【記事上】や【記事下】にコピーしたコードを貼り付ければ完了です。

f:id:nabeyasukun:20201024230008p:plain

 

はてなブログのサイドバーに広告を貼り付ける場合は、サイドバー編集で【+モジュールを追加】をクリックし、〈/〉HTMLを選びます。

f:id:nabeyasukun:20201021133308p:plain

 

ウィンドウが開きHTMLコードを入力する画面で現れますので、コピーしたコードを貼り付ければ完了です。

f:id:nabeyasukun:20201024231934p:plain

 

www.nabeyasu-blog.com

 

自動広告と広告ユニットのどちらを選べばいい?

主に2つの広告タイプの説明をしてきましたが、自動広告と広告ユニットのどちらを使うのがいいのか少し迷いました。

結果として広告ユニット(ディスプレイ広告)を使うことにしましたが、それぞれメリット・デメリットがありますので、自身のブログに合わせた選び方をするといいでしょう。

自動広告のメリット

  • 広告の設置が簡単なので直ぐ広告を貼れる。
  • 適した広告位置をGoogleが検出するので収益にも繋がりやすい。

自動広告のデメリット

  • 表示する広告の数を上手く管理しないと、広告だらけの読みづらいブログになってしまう。

 

広告ユニットのメリット

  • 広告を貼る位置やデザインを自分好みにできるので、ブログの読みやすさやデザインに影響が出にくい。

広告ユニットのデメリット

  • はじめは手探り状態で広告を貼る位置を決めるので、コツを掴むまで収益に繋がりにくいこともある。
  • 広告を貼る位置やデザインに凝り過ぎてしまうと、膨大な時間を費やしてしまう。

今後、収益を優先して自動広告にすることも考えておりますが、今回はアドセンスデビューということもあって、先ずはユニットタイプの広告を自分で貼ってみることにしました。

 

Googleアドセンス合格はブログ収益化のスタートライン!

はてなブログにGoogleアドセンスの広告を貼ること(貼り方)は意外と簡単でした。

他のブログサービスで広告を貼る場合も、基本的にはAdSenseコード(HTML)を指定の場所に貼るだけでしょう。

Googleアドセンス広告の貼り方は簡単ですが、それに対して収益を出すことは決して簡単ではありません。

Googleアドセンスに合格したことは、ブログ収益化のスタートラインに立てただけであって、決してゴールではありません。

今後は、集積されていくGoogleアドセンスのデータを参考にしながら、少しずつ収益化に力を入れていきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。