OMEGA
おはようございます、なべやすです。

2016年11月に購入後16年間にして初めてオーバーホールに出した機械式腕時計のオメガ・シーマスター。早いもので初めてのオーバーホールを終えてから1年が経過しました。

オーバーホール後、1年経過したオメガ・シーマスターは予想以上のコンディションを保っておりました!


16年間ノンオーバーホールで使い続けたオメガ・シーマスター

メンテナンスとして定期的なオーバーホールが必要な機械式腕時計を16年間もノーメンテで使い続けていた為、いくらオーバーホールしたからとは言え機械式腕時計としての本来の機能が、どの程度戻るものなのか少し心配をしておりました。

オーバーホールに出す前のオメガ・シーマスターのコンディションはかなり悪く、時計が動いている時間(持続時間)も短く、オートマチック(自動巻き)なのに自動で巻き上がらず、その為、毎日手巻きで使用していても持続時間が1日もたないという最悪なコンディションで腕時計として本来の機能さえもままならない状態でした。

そして手巻きでゼンマイを巻き上げる為にリュウズを回す時も、固いというか重いような感じがする程のコンディションで、これはいくらなんでも長い期間放置し過ぎたと私自身反省をしました。


オーバーホールの依頼先はとても迷うところ

初めてのオーバーホールにあたり、どこへ依頼をするかとても迷いましたが、ネットで色々と調べた結果、メンテナンス先としては無難な「オメガ正規カスタマーサービス」ではなく「時計修理の千年堂」に愛機オメガ・シーマスターのオーバーホールを任せることとなりました。

私の依頼した「時計修理の千年堂」はWebサイトからオーバーホールを依頼し、その後のやり取りも全てメールと宅配という、何とも今の時代を感じさせるものでした。

大切な時計のメンテナンスを任せるにあたり、お店のスタッフと一度も顔を会わせることがないのです。

この点はユーザーとして何かと心配要素もありますが、同様のシステムで腕時計のオーバーホールを受けている修理工房は、ネットで検索すると多数存在しております。

これら正規カスタマーサービス以外の修理工房にメンテナンスを依頼するメリットは何と言ってもコストを抑えられることです。

店舗によっては正規カスタマーサービスの5~6割の価格でオーバーホールを受けているところも存在しております。

ですがオメガに関しては「オメガ正規カスタマーサービス」にオーバーホールを依頼するとクロノグラフ以外でも60,000円以上となります。

但し、こちらの金額にはオーバーホールに加えて、ケースとブレスレットの洗浄及び研磨と2年間の保証がついております。

「時計修理の千年堂」などの修理工房にオーバーホールを依頼するとケースとブレスレットの研磨(ポリッシュ)はオプションサービスとして別料金になることが大半で、保証期間も通常は6ヶ月~1年間の場合が殆どです。

それらを考えると「オメガ正規カスタマーサービス」のメンテナンス料金も適正価格と言えるかもしれません。


■関連記事 

オーバーホール後1年の状態は?

オーバーホール後1年を経過した、オメガ・シーマスターの現状をお伝えしたいと思います。

持続時間と自動巻き機能について

時計が動いている時間(持続時間)が短い状態であったシーマスターは、オーバーホール後には手巻きて使用する必要もない程、本来の機能でもある自動巻きのみで問題なく使用でき、持続時間も36時間位は維持されております。

初めてオーバーホールをしたことにより、自動巻き本来の機能が改善されたことは私的には一番の改善点で、日々使用するにあたりとても快適になりました。

今後もこの状態が少しでも長く維持できることに期待したいところです。


精度について

肝心の精度に関しては、オーバーホール直後で日差+6~7秒でしたが、オーバーホール後1年経過した現在も変わらず日差+6~7秒の精度を維持しております。

機械式腕時計としては充分な精度を保てているのではないかと思われます。

因みにオメガホームページ内にある「よくある質問と答え」に機械式時計について以下のような記載があります。


オメガ・機械式ウォッチに関する精度の許容誤差は?
クロノメーター認定のないウォッチの大半は、日差-1~+11秒の平均誤差となっています。機械式ムーブメントの精度はウォッチを身につける方の着用習慣によって左右されるため、異なる場合があります。資格を持つオメガの時計製造技術者は、ウォッチの精度をオメガの許容範囲内に調節することができます。
(引用元:オメガHPカスタマーサービス「よくある質問と答え」)


リュウズの固さ(重さ)について

手巻きでゼンマイを巻き上げる時のリュウズを回す固さというか重さような感じも、オーバーホール後はすっかり解消されて、その感じを1年経過した現在も維持できております。


自動巻き腕時計としての機能がすっかり戻りましたので手巻きの必要性が殆どなくなりましたが、以前の様に手巻きでゼンマイがしっかりと巻き上がるので嬉しい限りです。


1年後も変わらぬ状態にオーバーホールの必要性を感じる

オーバーホールを終えて1年経過した現在も、オーバーホール直後の状態が殆ど変わらず維持されており、機械式腕時計としての本来の機能を取り戻した状態のまま日々快適に使用することができております。

16年間一度もオーバーホールすることがなかったオメガ・シーマスターが、ここまで機能を取り戻すとは正直思いもしませんでした。

それと同時に機械式腕時計のオーバーホールの効果や必要性も実感いたしました。

オーバーホール前に比べてコンディションが格段によくなった為、オーバーホール後はオン・オフ問わず使用する頻度も自然と増えました。

機械式腕時計のオーバーホールのサイクルは「オメガ正規カスタマーサービス」で4~5年に1回を推奨しており、ネットで調べてみても5年に1回程度の意見が多く見受けられます。

以上のようなメンテナンスサイクルを基準にして、腕時計の調子をみながら次回のオーバーホール時期を考えていきたいと思います。

来年同時期のオメガ・シーマスターの状態が、どの様になっているのか楽しみなところです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。