なべやすブログ

恐竜好きな2児のオヤジの雑記ブログ

ワイモバイルの故障安心パックプラスは必要ないので解約します!

スポンサーリンク

おはようございます、なべやすです。

もしもの時の備えとして保険があります。

誰しも多かれ少なかれ何かしらの保険に入っているのではないでしょうか。


今や世の中には様々な種類の保険商品が存在しますが、スマホにも端末保証サービスとして故障時などに対応してもらえる保険があります。

はたしてそれは本当に必要なのでしょうか?

私が使っているワイモバイルにもオプションサービスで故障安心パックプラスという端末保証サービスがあり、今のスマホを買ったときに付けました。

でも、必要ないのでやめることにしました!
 

 

月額690円!ワイモバイルの故障安心パックプラスに付いてくる補償とは?

f:id:nabeyasukun:20200327234749j:plain

携帯電話に代り急速に普及をしたスマートフォンにも、万が一の故障時などに備える為、オプションサービスで端末保証サービスという損害保険のようなサービスがあります。

スマホの場合、高額な端末も多いので、万が一の時はその出費もユーザーにとって大きな痛手となります。

そのような時にあると役立つのが端末の故障や破損を保証してくれるサービスです。

冒頭にも書きましたが、私が契約しているワイモバイルにもオプションサービスで故障安心パックプラスというサービスがあります。
 
故障安心パックプラスの保証内容は下記のような大変充実したものとなっております。
 
故障安心パックプラスの補償内容
  • 故障保証サービス
  • 破損保証サービス
  • 水漏れ全損保証サービス
  • 盗難紛失保証サービス
  • 電池パック無料サービスまたは内蔵バッテリー交換修理割引サービス
  • セキュリティトラブル補償
  • データ復旧支援サービス
このように盛り沢山の保証サービスが故障安心パックプラスには付いております。

これら全ての保証等がついて月額690円(税抜き)です。


一見ですが安いように感じます。

 

下の表は、大手3キャリアのスマホ保証サービス月額利用料です。(2020年10月10日現在)

  ドコモ au ソフトバンク
サービス名 ケータイ補償サービス 故障紛失サポート あんしん保証パックプラス
月額利用料(税抜) 500~750円 380~660円 650円

こう見ると、ワイモバイルと大手3キャリアのスマホ保証サービスは同じような価格となっております。

 

保証内容の違いこそありますが、格安スマホと呼ばれるワイモバイルも大手3キャリアもスマホ保証サービスの月額利用料は、ほとんど変わらないことになります。

 

格安スマホだからといって、スマホ保証サービスの料金まで安いわけではありません。

 

www.nabeyasu-blog.com

 

完全無料は故障保証サービスと電池パック無料サービスのみ

ワイモバイルの故障安心パックプラスの場合ですが、盛り沢山の保証が付いている為、一見お得感があるかと思いますが、これらの保証の中で完全無料なのは故障保証サービスと電池パック無料サービスのみです。

それ以外のサービスに関しては、全てユーザー側の負担金が発生いたします!

損害保険でいうところの免責みたいなものです。

ちなみに自然故障でも端末交換となる場合は7,500円~の交換代金が発生し、「水漏れ・全損」の場合も修理で5,000円の自己負担が発生いたします。

これら「水漏れ・全損」の損害が発生する可能性は、どちらかと言えば高い方の部類に入るのではないでしょうか?

そして故障保証サービスの対象となるのは、自然故障の修理対応のみとなっており「水漏れや破損」は保証の対象外となります。

電池パック無料サービスに関しては、昨今のスマホは電池パックのものよりも内蔵バッテリー型の方が多く見受けられるかと思います。

内臓バッテリー交換の場合は有償サービスとなります。

そうなると、故障安心パックプラスで完全無料の保証を受けられるものは故障保証サービスだけとなる可能性が高いかもしれません。

自然故障であれば1年間はメーカー保証も付いてる端末も多いので、そちらで対応ができる場合があります。

実際に私も以前使用していたスマホに購入後数ヵ月で不具合が発生し、ワイモバイルショップにて修理依頼をしましたが、その際も購入後1年以内であった為、メーカー保証での修理対応となった経験があります。

当時、端末保証サービスに加入しておりましたが、前にお書きした通りその際に使ったのはメーカー保証です。
 

ワイモバイルの故障安心パックプラスは2年で16,560円のコスト

次にスマホの端末保証サービスをワイモバイルのを故障安心パックプラス例にコスト面を考えてみます。
故障安心パックプラス料金→690円(税抜)
→690円×24ヶ月=16,560円
 
仮に2年間オプションサービスである故障安心パックプラスに加入するとなると、上記を見てもわかるとおり16,560円のコストが掛かってきます。

これって結構な支出じゃありませんか?

その上、自然故障の修理対応以外の事象が発生すると、こともあろうにユーザー側に負担金が発生します。

しかも、購入後1年以内であった場合は、端末メーカー保証での修理対応です。

これでは確かにスマホは端末代金が高額なものが多いとはいえ、はたしてどうなのかと思ってしまいます。

考え方によっては安価なSIMフリー端末を購入するか、中古のスマホを買った方がよっぽど安く上がりそうです。
 
又、ある程度の期間を使用してきたスマホが故障した場合などは機種変更をしてしまう方が考え方としてはいいように思います。
 
少なくとも長期間、端末保証サービスに入るメリットはほとんどないでしょう。

「入っておけば安心だから」でスマホ端末保証を付けている人は多い

一見、とりあえず入っておけば、「何かあった時!」「もしもの時!」安心で尚且つお得感があるように思える、スマホの端末保証サービス。

但し、「何かあった時!」「もしもの時!」とは言え、その恩恵を受ける為には意外とそのハードルは高く、よく考えてみると安心で尚且つお得でもないかもしれません。

スマホの購入時は、どうしても端末代金の方に気が行ってしまいがちで、その金額からも万が一の時のことを考え端末保証サービスにも目が行きますが、今一度冷静になり保証内容をよく確認することが大事ではないかと思います。

私もそうでしたが保証内容をよく知らず、ただ単に「入っておけば安心だから」という理由でオプションサービスを付けている人も多いのではないでしょうか。
端末保証サービスを付ける際の注意点

ワイモバイルの故障安心パックプラスをはじめ、各キャリアがオプションサービスとしている端末保証サービスは、スマホ端末購入時にしか加入できないケースがほとんどですので、事前に保証内容をよく調べてから加入の必要性を考えるようにした方がいいでしょう。
特にショップで新規契約や機種変更する際はオプション加入の勧誘が激しいので注意が必要です。

ワイモバイルの故障安心パックプラスは、月の途中でオプション契約を解除しても月額料金が日割り計算とはならない為、私は今月末近くになったらオプション契約の解除手続きをすることにします。

スマホの端末保証サービスに加入している人は、一度、保証内容をよく確認してみましょう。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。